NFT

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

2022年7月11日

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

NFTって最近よく聞くけど、流行るの流行らないの?NFTを持っている人、くわしく教えて…

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

NFT=流行らないと言われている理由

NFTが流行る理由

今後流行るための課題

 

「NFTってネットで叩かれてるし、一時的な流行なの?」と疑問ですよね。過去のぼくも同感で、約6ヵ月参入する勇気が出ませんでした。

 

結論からいうと、NFTは今後の日常生活に広く浸透する可能性が高いです。

 

なぜなら、TwitterなどのSNSを筆頭に、NFTの導入が進んでいるから。

 

そこで今回はNFTコレクターのぼくが、「NFTは流行るの?流行らないの?」について世間で言われているポイントを整理します。

 

『実際にNFTを触ってみないと分からない体感』も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

本記事を読むことで、「NFT=流行らない」で終わらせているともったいない事実がお分かりいただけますよ!

 

【手数料についての重要なご案内】

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%ほど大損します。

(10万円分で5,000円の損)

人気のコインチェックでは、主要な仮想通貨が「販売所」でしか買えません。

大損しないためにも、ビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

\無料10分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

【NFT=流行らない】と言われている理由

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

NFT=流行らないと言われている理由は、下記の4つ。

  • 買うハードルが高い
  • 理解が難しい(価値がない)
  • 投機目的の道具
  • 日本人にはアート作品を買う習慣がない

それぞれみていきましょう。

 

買うハードルが高い

まず挙げられるのは、買うハードルの高さです。

 

世界最大のNFT売買所『OpenSea』でNFTを買うなら、下記の手順を踏む手順があります。

 

(22/7/11時点)

  1. 仮想通貨取引所で口座開設
  2. 仮想通貨取引所へ円を入金
  3. MetaMask(ウォレット)を準備
  4. イーサリアムを購入・送金
  5. OpenSeaとMetaMaskを簡単連携

 

Amazonや楽天のようにクレカ決済ができず、仮想通貨を保管・管理するための『ウォレット』が必要なのは確かに厄介です。

 

OpenSeaはクレカ対応を進めているので、これが完了するとNFTを買う人は増えそうですね!

 

理解が難しい(価値がない)

次に挙げられるのは、理解の難しさです。

 

よくあるのは、「NFTってコピーできるけど、本当に価値あるの?詐欺じゃない?」という疑問ですね。

 

結論からいうと、コピーされたとしても限定品を証明できるため、デジタルデータに資産価値を持たせられます。

 

NFTとは簡単にいうと、『データに固有IDをつけて世界で唯一を証明する技術』のこと。

 

NFT君
現在の所有者や固有IDなどが、明確に刻みこまれるんです!(以下は「NFT君(左画像)」の詳細)

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

 

例えばこれまでは、「このゲームアイテムは300個限定!」と世に出しても、コピー・改ざんされ偽物であふれかえっていました。

 

しかしNFTにすると、300個全てに固有IDを刻めるため、偽物の区別が可能に。

 

なかなか文章だけで理解するのは難しいので、引き続き読み進めつつ理解を深めましょう!
編集長

 

>>NFTとは?メリット・デメリット・仕組みをわかりやすく解説!

 

投機目的の道具

「NFTはただの投機目的の道具だ!」という意見も見られます。

 

こう言われる理由としては、株式やFX、ギャンブルなどと比べてリターンが大きい"傾向にある"ことが考えられますね。

 

事実として、専業投資家ではないぼくでも、1日あるいは数時間で数万円(数十万円)のリターンを得られています。

 

リターンを得るにはもちろん相当の理解や情報収集は必要ですが、NFTを知らない方からすると信じられない世界に映ってしまうのです。

 

>>【必見の稼ぎ方】NFT転売のやり方6STEP!爆益の実例も

 

日本人にはアート作品を買う習慣がない

確かにアメリカなどと比べると、日本ではアート作品を買う習慣はないかもしれません。

 

しかし、アート好きの方だけがNFTを買っているかと言われると、全くそんなことないはず。

 

ぶっちゃけ、ぼくはアート作品を買った経験はなく、美術館などにも基本行かないです。

 

「日本人はアート作品を買う習慣がない=NFTが流行らない」と言う方は、「NFT=絵画のようなアート作品」とイメージされているのかもしれません。

 

同じような疑問を抱いている方は、『原則、全てのデジタルデータはNFTにできる』とご理解いただければ世界が広がるはずです!

 

>>NFTとして売れるもの=何でもOK【写真を出品してみた】

 

【NFT=流行らない】が勘違いである理由

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

NFT=流行らないが勘違いである理由は、下記の3つ。

  • 巨大企業が参入しているから
  • ファッション性を持っているから
  • 用途が幅広いから

順番に解説していきます!

 

巨大企業が参入しているから

冒頭でもご説明した通り、巨大企業がNFT事業に乗り出しています。

 

イメージしやすいであろう一例を、下記にご紹介していきますね。

内容
Twitter社 TwitterのNFT対応
Google社 YouTubeのNFT対応
Meta社 InstagramのNFT対応
NFTと親和性の高いメタバース事業へ注力
ByteDance社 TikTokのNFT対応
LINE社 「LINE NFT」をスタート
楽天社 「Rakuten NFT」をスタート

 

これだけ日常生活に浸透する各種SNSでNFT対応が進んでいるため、今後NFTに触れる機会が増えるのは必然と言えるでしょう。

 

補足すると、LINE社と楽天社が展開しているNFTサービスは、まだまだ利用者が少ないです。

 

利用者が少ないと、NFTの売買が起こりづらく、転売したい時になかなか売れなくなってしまいます。

 

なので、もしNFTを始めてみたい場合は、世界最大のNFT売買所『OpenSea』一択ですよ!

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

ファッション性を持っているから

少し抽象的な話しなのですが、NFTにはファッション性があります。

 

国内・海外含め様々なNFTコレクションが出ていますが、Twitterを初めとして、お気に入りのNFTをアイコンにする風潮があるんですよね。

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

 

NFT君
NFTアイコンにすると、ファン同士のコミュニケーションが発生することも多々…!

 

加えて、「あの人、あのNFTを買ったんだ~イケてる!」のように、現実世界の高級ブランド品同様のファッション性を感じられます。

 

SNSなどでNFT対応が進むと、「洋服」のように気に入ったNFTを『着飾る』方が増えるでしょう。

 

NFTは少額からでも買えるので、気になる方は以下記事をどうぞ!
編集長

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ15選!

 

用途が幅広いから

NFTの用途は非常に幅広く、大きく分けると下記が挙げられます。

  • SNSアイコン
  • メタバースのアバター
  • ゲーム内アイテム
  • ゲーム内のキャラクター

 

前述のようにNFTは『デジタルデータに資産価値を持たせる』ため、アイテム・キャラを作ったり、プレイするだけで稼げるゲームが多く存在します。

 

用途が広いと、その分さまざまな角度から参入する方が増えますよね。

 

「ゲームなら興味あるかも…」という方は、始めて実際に仮想通貨を稼ぐとNFTを体感できますよ!

 

>>【注意点3選】NFTゲーム(GameFi)の始め方まとめ

 

今後NFTが流行るための課題

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

今後NFTが流行るための課題は、下記2つです。

  • 買うハードルを下げる
  • セキュリティ対策を広く知らせる

順番にみていきましょう。

 

買うハードルを下げる

広く大衆に普及させるには、買うハードルを下げる必要があります。

 

具体的には、「クレジットカードでの決済」や、「国内取引所でのNFT売買の普及」などの改善が必要でしょう。

 

各社開発を進めていますが、まだ時間はかかりそうですね…!
編集長

 

2022/7/11時点で国内取引所にNFTの売買所が併設されているのは、『コインチェック』のみです。

 

「OpenSeaでNFTを始めるのはどうしても面倒…」という方は、無料10分で口座開設できるコインチェックをのぞいてみるといいですよ!

 

>>【無料】コインチェックで口座開設する

 

セキュリティ対策を広く知らせる

もう一つの課題として、詐欺の多さが挙げられます。

 

NFTが盗まれてしまうケースも発生しており、「詐欺が怖いからNFTはやらない」という方も一定数いるでしょう。

 

そんな方に、主な詐欺手法4つと対策を知っていただくことも大切ですね。

  1. TwitterでDMがくる
  2. DiscordでDMがくる
  3. 見知らぬNFTを送りつけられる
  4. 検索エンジンに偽サイトを表示

 

NFTの特性上、盗まれると取り返せないので、必ず詐欺対策の知識は知っておいてくださいね!

 

>>【厳選4選】NFTの詐欺手法とその対策!最新事例を網羅

 

【始めればわかる】NFT=流行らないは勘違い!

【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

繰り返しですが、NFTは3つの理由から今後爆発的に流行る可能性が高いです。

  • 巨大企業が参入しているから
  • ファッション性を持っているから
  • 用途が幅広いから

 

確かに買うハードルの高さは課題ですが、逆にそれが参入の壁となり、早期参入者が旨味を得られています。

 

NFTは数千円からでも始められるので、「あの時始めてればよかった…」と後悔しないようにまずは無料口座開設から始めてみましょう!

 

NFTを始めるには口座が必要ですので、ぜひ作っておいて下さいね。
編集長

 

ビットフライヤー口座開設手順

\無料10分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ15選!

 

>>【注意点3選】NFTゲーム(GameFi)の始め方まとめ

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

  • この記事を書いた人

編集長YU

銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFT30体以上保有 | 金融商品販売額10億超 | 証券外務員1種保有