NFT

【簡単】メタマスクとは?登録・使い方・入金送金の手順!

2022年2月14日

メタマスクの登録・入金送金・使い方

メタマスクって何?登録方法や入金送金方法、使い方まで画像付きで分かりやすく教えて…

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

MetaMask(メタマスク)とは?

【PC版・スマホ版】MetaMaskの登録手順

MetaMaskの使い方(入金・送金方法)

MetaMaskの注意点

 

今回は、MetaMaskの概要や、具体的な登録方法・使い方について解説していきます。

 

初心者の方でも分かりやすいよう、専門用語をかみ砕き、画像を豊富に使って解説しますね。

 

本記事を読むことで、MetaMaskの登録ができ、実際に仮想通貨を保有できますよ!

 

※すぐMetaMaskの登録に進みたい方は、PC版スマホ版どちらかをクリックして下さい。

 

MetaMask(メタマスク)とは何?

メタマスクの登録・入金送金・使い方

MetaMaskとは簡単にいうと、『仮想通貨取引で使用する財布(ウォレット)』です。

 

仮想通貨の一種である"ETH(イーサリアム)"や、ETHベースの仮想通貨を保管・入金・送金する際に使われます。

 

他にも、下記のようなサービスと簡単に連携できます。

NFTマーケットプレイス

ブロックチェーンゲーム

dApps(分散型アプリケーション)

DEX(分散型取引所)

もちろん、「コインチェック」などの国内仮想通貨取引所とも連携できますよ。

 

まずは『MetaMask=仮想通貨を入れるための財布』の理解でOKです!
編集長

 

※すぐMetaMaskの登録に進みたい方は、PC版スマホ版どちらかをクリックして下さい。

 

MetaMaskのメリット

MetaMaskのメリットは下記4つです。

  • 無料で初心者にも使いやすい
  • 複数の仮想通貨を一括管理できる
  • 仮想通貨同士を交換できる
  • OpenSeaへの連携が楽

順番に解説していきます。

 

無料で初心者にも使いやすい

完全無料・初心者にも使いやすいのが、MetaMaskのメリットの一つです。

 

市場には多くのウォレットがありますが、日本語対応で分かりやすいのが人気の理由です。

 

NFT君
事実、筆者はMetaMaskを作成した日にぼくを買いました。

 

MetaMaskのユーザー数は2021年11月時点で2,100万人超にのぼり、今も爆増を続けています。

 

利用者が多いため、ネット検索すればほとんどの疑問を解決できますよ!

 

複数の仮想通貨を一括管理できる

MetaMaskは1つアカウントを作成すれば、複数の仮想通貨を一括管理できます。

 

イメージしづらいと思うので、以下画像をご覧下さい。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

赤枠が仮想通貨ウォレットの種類で、ぼくのMetaMskの中には2種類あります。

 

また、1つのMetaMask内で複数アカウントを作成できるほか、複数のウォレットを1つのアカウントに集約することもできます。

 

少しややこしいですが、『MetaMask=管理機能が優れている』の理解でOKです!
編集長

 

仮想通貨同士を交換できる

MetaMask内では、仮想通貨同士の交換(スワップ)も可能です。

 

スワップの際は取引所を経由する必要がなく、MetaMask内で完結します。

 

また、スワップ時のレートは、複数の取引所から"最良レート"を見つけて適用されます。

(参照:BITTIMES

 

上記により、スワップに関わる手間やコストが削減され、仮想通貨取引が活発化しています。

 

『外貨への両替がネット上で完結できるようになった』というイメージです!
編集長

 

OpenSea(オープンシー)への連携が楽

OpenSea』とは、無料で使える世界最大のNFTマーケットプレイス(売買所)のこと。

 

OpenSeaでは、2021年8月単月のNFT流通総額が3,650億円を突破し、海外のNFT市場は非常に大きくなっています。

 

いずれ日本にもNFTの波がくる可能性は高いので、OpenSeaと連携しやすいのはメリットと言えますね。
編集長

 

補足として、日本でもインフルエンサーを筆頭に少しずつ広がりだしていますよ!

関口メンディー氏(『BAYC』2,300万円)

マナブ氏(『CryptoPunks』3,900万円)

イケハヤ氏(『〃』3,200万円)

 

未来は不明ですが、ぼくもNFTに可能性を感じ、以下(『Zombie Zoo』)のようなNFTを複数保有しています。

NFT

 

NFTをもっと知りたい方は、以下記事をどうぞ!

 

>>NFTとは?メリット・デメリット・仕組みをわかりやすく解説!

 

※すぐMetaMaskの登録に進みたい方は、PC版スマホ版どちらかをクリックして下さい。

 

MetaMaskのデメリット

MetaMaskデメリットは下記2つです。

  • ハッキングのリスクがある
  • これまでの金融サービスより操作が難しい

それぞれ解説していきます。

 

ハッキングのリスクがある

まずはハッキング(不正アクセス)のリスクが挙げられます。

 

大きな事件では、海外で8億円相当の仮想通貨が盗まれるハッキング被害が発生しました。

 

MetaMaskはネット接続にて操作するため、サイバー攻撃のリスクを否定できません。

 

銀行のインターネットバンキングでもサイバー攻撃を受けているように、MetaMaskにもハッキングなどサイバー攻撃のリスクがあります。

(参照:日経XTECH

 

これまでの金融サービスより操作が難しい

MetaMaskは他のウォレットと比べると、確かに操作は簡単です。

 

しかし、これまでの金融サービス(証券口座やFX口座、インターネットバンキングなど)よりはぶっちゃけ難しいです。

 

新興市場なので今後改善が進むとは思いますが、特に送金時やスワップ時は注意深く進める必要があります。

 

ぼくは正直何度か失敗したので、画像を用いて丁寧に解説しますね!

 

とはいえ、MetaMaskの登録はめちゃくちゃ簡単です。次で解説します!
編集長

 

【PC版】MetaMaskの登録手順3STEP

メタマスクの登録・入金送金・使い方

【PC版】MetaMaskの登録手順は下記の通り。

  • STEP.1 MetaMaskをインストール
  • STEP.2 ウォレットの作成
  • STEP.3 シークレットリカバリーフレーズの確認

画像通りに進めれば簡単に完了します!

 

今回は、新たに使用可能となった『Microsoft Edge』のブラウザで進めます。(GoogleChromeと操作は全く同じです)

 

STEP.1 MetaMaskをインストール

まずは『MetaMask公式サイト』にアクセスしましょう!

 

個人情報を狙った偽サイトには要注意。上記URLは安全です。

 

まず「ダウンロード」⇒「Install MetaMask for~」をクリックします。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

すると以下画面に変わるので、「取得」をクリック。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

次に、「拡張機能の追加」をクリックしてインストール完了です!

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

GoogleChromeをご使用の方は、以下の手順でピン止めしておくと使いやすいですよ。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

STEP.2 ウォレットの作成

画面はそのままで、「開始」をクリックします。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

続いて、「ウォレットの作成」をクリックします。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

「同意します」をクリック。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

最後、以下項目を入力してウォレットの作成が完了です!

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

STEP.3 シークレットリカバリーフレーズの確認

続いて、シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の説明動画が流れます。

 

シードフレーズとは簡単に言うと、『金庫(ウォレット)の鍵』です。

 

NFT君
鍵が盗まれる=仮想通貨が盗まれる可能性が高いので、誰にも教えないようにしましょう。

 

基本的に、シードフレーズを他人に教えるべき場面は存在しません。

シードフレーズを聞かれたら、詐欺なので注意して下さいね!

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

続いて、鍵マークをクリックします。

すると、シードフレーズ(12個の英単語)が表示されます。

次で表示された順番通りに入力するため、表示通りにメモしましょう。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

シードフレーズを順番通りに入力して、全ての登録が完了!

お疲れさまでした!
メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

次は、MetaMaskに送金・入金する方法を解説します。(コチラをクリックして該当箇所へジャンプ!)

 

【スマホ版】MetaMaskの登録手順3STEP

メタマスクの登録・入金送金・使い方

【スマホ版】MetaMaskの登録手順は下記の通り。

  • STEP.1 MetaMaskアプリをインストール
  • STEP.2 ウォレットの作成
  • STEP.3 シークレットリカバリーフレーズの確認

画像通りに進めれば簡単に完了します!

 

STEP.1 MetaMaskアプリをインストール

まずは『MetaMask公式サイト』にアクセスしましょう!

 

個人情報を狙った偽サイトには要注意。上記URLは安全です。

 

iosかAndroidを選択し、「Install MetaMask for~」をクリックします。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

インストール後アプリを開き以下の画面が出ればOKです!

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

STEP.2 ウォレットの作成

続いて、ウォレットを作成していきます。

 

「新しいウォレットの作成」をクリックして下さい。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

「同意します」をクリックします。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

最後、パスワードを設定してウォレットの作成完了です!

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

STEP.3 シークレットリカバリーフレーズの確認

続いて、シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の説明動画が流れます。

 

シードフレーズとは簡単に言うと、『金庫(ウォレット)の鍵』です。

 

NFT君
鍵が盗まれる=仮想通貨が盗まれる可能性が高いので、誰にも教えないようにしましょう。

 

基本的に、シードフレーズを他人に教えるべき場面は存在しません。

シードフレーズを聞かれたら、詐欺なので注意して下さいね!

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

次に、以下の内容を確認して「開始」をクリックします。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

次ページで表示された順番通りに入力するため、表示通りにメモしましょう。

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

シードフレーズを順番通りに入力して、次の画面が出れば全ての登録が完了です!

お疲れさまでした!
メタマスクの登録・入金送金・使い方

メタマスクの登録・入金送金・使い方

 

MetaMaskの使い方!入金・送金の手順

メタマスクの登録・入金送金・使い方

MetaMaskの入金や送金の手順など、具体的な使い方を解説していきます。

 

手順は下記の5STEP。

  • STEP.1 仮想通貨取引所で口座開設
  • STEP.2 取引所へ日本円を入金
  • STEP.3 仮想通貨を購入
  • STEP.4 取引所から送金(MetaMaskに入金)
  • STEP.5 MetaMaskから送金

順番にみていきましょう。

 

STEP.1 仮想通貨取引所で口座開設

まずは、日本円で仮想通貨を購入する必要があります。

 

そのため、仮想通貨取引所で口座開設が必要です。

 

国内取引所では『コインチェック』、『bitFlyer』、『DMM Bitcoin』などが有名です。

 

迷ったら、アプリダウンロード数No.1・金融庁登録済の『コインチェック』に登録しておくといいですよ!
編集長

 

登録作業自体はとても簡単で、10分もあれば完了します。

 

 

登録方法の詳細を知りたいは、以下記事をどうぞ!

 

>>コインチェック口座開設5STEP!開設は遅い?所要日数は?

 

STEP.2 取引所へ日本円を入金

コインチェックの口座開設が完了したら、次に日本円を入金します。

 

コインチェックでは、下記3種類の入金方法があります。

銀行振込

コンビニ入金

クイック入金

 

最も手数料が安く、仮想通貨の購入がスムーズな銀行振込がおすすめです!

 

詳しい手順は、以下記事にて解説しています。

 

>>コインチェックへの入金方法3つ!オトクな入金方法とは?

 

STEP.3&4 仮想通貨の購入・送金

続いてコインチェックでイーサリアム(ETH)を購入し、MetaMaskへ送金しましょう。

 

ETHとはMetaMaskで使われる主要通貨で、今後NFTの購入などにも使用できます。

 

また、ETHは全仮想通貨の中でビットコインに次いで、時価総額2位の人気を集める通貨です。

 

イーサリアム(ETH)の購入から送金までは、以下記事にて画像をたっぷり用いて解説しています。

 

>>簡単!コインチェックでイーサリアムを購入・送金する手順

 

STEP.5 MetaMaskから送金

今回は、例えば急に資金が必要がなった時のために、MetaMaskからコインチェックへ仮想通貨を送金する方法を解説します。

 

今回は、受け取り先をコインチェックにしましたが、基本の手順は同じです。

要は、受け取りたいウォレットや取引所のアドレスをMetaMaskに入力します。

 

まずはコインチェックにログインし、「暗号資産の受取」⇒「Ethereum」⇒「アドレスを作成」でクリックします。

コインチェックへの入金

 

すると、アドレスが表示されるのでコピーして下さい。

コインチェックへの入金

 

続いて、MetaMaskを開いて送りたい通貨の「送金」をクリック。

コインチェックへの入金

 

次に、コインチェックでコピーしたアドレスを添付します。

コインチェックへの入金

 

そして送金したい金額を入力し、「次へ」をクリック。

コインチェックへの入金

 

最後に、「Gas Limit」や「Gas Price」と表示されます。

 

MetaMaskはガス代と呼ばれる手数料を上げることで、送金処理を早められます。

 

遅い・普通・早いの中から「Gas Price」を選び、最後に「SUBMIT」を押して完了です!

 

送信するアドレスを間違えると、資産が消える可能性があるのでご注意下さい。
編集長

 

MetaMaskを使用する上での注意点

メタマスクの登録・入金送金・使い方

MetaMaskを使用する上での注意点は下記2つ。

  • 基本的にはPCでの使用がおすすめ
  • ビットコイン(BTC)を保有できない

それぞれ解説していきます。

 

基本的にはPCでの使用がおすすめ

MetaMaskも含め、仮想通貨関連のツールはPCでの使用がおすすめです。

 

理由は、スマホでは画面が小さく、PCに比べると操作ミスの可能性が高まるからですね。

 

例えば、仮想通貨はアドレスを間違えて送金すると、本当に資産が消えてなくなることがあります。

 

銀行のように、送金した資産を追いかけてくれないというわけです。。

 

リスク回避すべく、できるだけPCで作業しましょう!
編集長

 

ビットコイン(BTC)を保有できない

前提として、ビットコインとイーサリアムは性質が異なります。

 

イーサリアムは『スマートコントラクト(自動契約技術)』という機能を備えたプラットフォームです。

 

仮想通貨という域を超えた"プラットフォーム"なのです( ;∀;)
編集長

 

スマートコントラクトとは、小銭を入れる=ジュースを出すが自動化された自動販売機のようなイメージですね。

 

NFT君
とにかく、MetaMaskはイーサリアム系通貨専用のウォレットであり、ビットコインは保有できません!

 

まとめ

メタマスクの登録・入金送金・使い方

MetaMaskについて、本記事の要点をまとめます。

・NFTに興味があるならMetaMaskの作成推奨

・無料で便利に複数のウォレットを管理できる

・ビットコインの保有はできない

・使用はPCを推奨

・MetaMask作成前に、取引所の口座開設必要

 

 

>>コインチェック口座開設5STEP!開設は遅い?所要日数は?

  • この記事を書いた人

編集長YU

銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFT30体以上保有 | 金融商品販売額10億超 | 証券外務員1種保有