NFT

【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

2022年2月19日

【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

OpenSea(オープンシー)の始め方や使い方が知りたいな。英語が得意じゃないから日本語化する方法も教えて!

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

OpenSeaとは?4つのおすすめ理由

OpenSeaを日本語化する方法

OpenSeaの始め方5STEP!

OpenSeaの使い方(購入・出品・売り方)

OpenSeaの注意点・デメリット

よくあるQ&A

 

今回は、世界最大のNFT売買所OpenSea(オープンシー)について徹底解説します。

 

NFT初心者の方はOpenSeaから始めれば間違いないので、ぜひ最後までご覧ください。

 

本記事を読むと、OpenSeaの始め方から使い方まですべて画像つきで理解でき、すぐに世界中のNFTと触れ合えます!

 

NFTについて0から知りたい方は、以下記事をご参照下さい。
編集長

 

>>NFTとは?メリット・デメリット・仕組みをわかりやすく解説!

 

今すぐOpenSeaの始め方を知りたい方は、コチラをクリックして下さい。

OpenSea(オープンシー)とは?なぜおすすめなの?

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSeaとは、世界最大のNFTマーケットプレイス(売買所)です。

 

世界各国のNFTが数多く集まっていて、NFT流通額・利用者数ともに爆増を続けています。

 

そんなOpenSeaをおすすめする理由は、下記の4つです。

  • ユーザーが多く取引が活発
  • シンプルで使いやすい
  • NFTを無料で作成できる
  • 取引形式を選択できる

順番に解説していきます!

 

ユーザーが多く取引が活発

OpenSeaを最もおすすめできるポイントは、世界中でユーザーが多く、取引が活発なところです。

 

理由は簡単で、『ユーザーが多い&取引が活発=選択肢が増える(購入者)&売れやすい(販売者)』から。

 

具体的には、2021年8月単月のユーザー数は約22万人、月間流通総額は3,650億円を超えました。(参照:Yahoo!ニュース

 

単月3,650億円という金額は、メルカリ2021年4~6月(第2Q)の流通総額を上回るものすごい金額なんですよね。

 

やはりまずは、『人・お金が集まっている』ド定番な売買所から始めるのが無難です!
編集長

 

シンプルで使いやすい

次におすすめできるポイントは、シンプルで使いやすいデザイン設計です。

 

本記事をご覧のあなたは、ただでさえ『NFTそのもの』を理解しきれていない方が多いと思います。

 

そんな状態の中、英語表記で操作が難しければ途中で挫折してしまうでしょう。

 

その点、OpenSeaは知識0の状態だったぼくでもサクサク操作できたので、初心者の方でも安心。

 

また、他のNFT売買所と比較しても、OpenSeaが最も日本人フレンドリーで使いやすいですよ!
編集長

 

NFTを無料で作成できる

NFTを無料で作成できるのも、おすすめできるポイントです。

 

そしてパソコンがあれば、誰でも簡単にNFTを作成できます。

 

作成に手数料がかかるプラットフォームもありますが、OpenSeaだと無料。

 

ただし、初回出品の際に手数料が一度だけ発生します。

 

デジタルデータであれば、何でもNFTにできちゃうんです。
編集長

 

>>NFTとして売れるもの=何でもOK【写真を出品してみた】

 

取引形式が多彩

OpenSeaでは販売する際、下記2つの販売形式を選択できます。

オークション

固定価格販売

 

加えて、販売する際に『ロイヤリティ』(MAX10%まで)を設定できます。

 

ロイヤリティとは、NFT作品が転売された際、販売者(クリエイター)に還元される報酬のこと。

 

NFT君
つまり、クリエイターは初回に作品を売って終わりではないんです。人気の作品を作れば、継続的に利益を得られます。

 

さらに、購入者も購入したい金額で『オファー』を出すことができるんです。

 

上記のように取引形式が多彩なため、購入者も販売者も納得のいく取引ができるでしょう。
編集長

 

OpenSeaを日本語化する方法

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSeaは基本英語表記のため、英語が苦手な方は日本語化する準備をしましょう。

 

準備といってもアプリをインストールし、下記の通り作業するだけ。

>>Google翻訳アプリGoogleChrome版ios版Android版

 

超簡単なので、後ほどご活用下さい。
編集長

 

OpenSeaへアクセスします。

画面右上に以下画面が表示されるので、「日本語」へ変更。

…するだけです!

OpenSeaを日本語化する準備

 

OpenSeaを日本語化する際の注意点

ただし、OpenSeaを日本語化すると、以下のようなバグが起こる可能性があります。

OpenSeaを日本語化する準備

 

残念ながら、ぼくは毎回真っ白になります。。

 

そんな時は、以下の手順で「英語」に戻し、ページの更新ボタン(画面左上)をクリックすると元に戻ります。

OpenSeaを日本語化する準備

 

NFT君
翻訳機能の使用を最低限にすると、作業がはかどりますよ!

 

OpenSeaの始め方5STEP!

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSeaの始め方5STEPは下記の通り。

  • STEP.1 コインチェックで口座開設
  • STEP.2 コインチェックへ円を入金
  • STEP.3 MetaMask(メタマスク)を準備
  • STEP.4 イーサリアムを購入・送金
  • STEP.5 OpenSeaとMetaMaskを簡単連携

全てたっぷり画像を用いて解説するので、ご安心下さい!

 

STEP.1 コインチェックで口座開設

まずは仮想通貨取引所で口座開設しましょう。

 

おすすめは、初心者の方にも操作が簡単で、取り扱い通貨が多い大手の『コインチェック』です。

 

登録手順はとても簡単で、作業自体は10分もあれば完了します。

 

 

詳細な手順を知りたい方は、以下記事からどうぞ!

 

>>コインチェック口座開設5STEP!開設は遅い?所要日数は?

 

STEP.2 コインチェックへ円を入金

コインチェックで本人確認まで完了したら、次は日本円の入金に進みましょう。

 

コインチェックへの円の入金方法は、下記3種類。

銀行振込

コンビニ入金

クイック入金

 

おすすめは、最も手数料が安くて仮想通貨の購入をスムーズに行える銀行振込です。

 

入金の手順は、以下記事をご覧頂ければすぐにお分かり頂けます!

 

>>コインチェックへの入金方法3つ!オトクな入金方法とは?

 

STEP.3 MetaMask(メタマスク)を準備

次に、MetaMask(メタマスク)のアカウントを作成します。

 

MetaMaskとはざっくりいうと、『仮想通貨を保管する財布』のイメージで、"ウォレット"と呼ばれます。

 

MetaMaskがあると、超簡単にOpenSeaと連携できるので作成しておきましょう。

 

MetaMaskも利用者が非常に多く、完全無料で簡単に作成できます!

 

PC版・スマホ版、どちらも以下記事で解説しています。
編集長

 

>>【簡単】メタマスクとは?登録・使い方・入金送金の手順!

 

STEP.4 イーサリアム(ETH)を購入・送金

次は、コインチェックでイーサリアム(ETH)という仮想通貨を購入し、MetaMaskへ送金します。

 

ETHを買う理由は下記2つです。

・MetaMaskは、イーサリアム系の仮想通貨に特化したウォレットだから

・OpenSeaで売られているNFTの多くが、ETHで販売されているから

 

ETHは、仮想通貨の中でもビットコインに次いで時価総額2位であり、世界中から注目を集める通貨です。
編集長

 

仮想通貨の送金時は注意が必要なので、以下記事を参考に進めて下さい!

 

>>簡単!コインチェックでイーサリアムを購入・送金する手順

 

STEP.5 OpenSeaとMetaMaskを簡単連携

最後、OpenSeaにアクセスして、MetaMask簡単連携します。

>>OpenSeaの公式サイトはこちら

 

OpenSeaには、偽サイトが存在します。上記URLは安全です。

 

では、手順を解説していきます!

(日本語化する方法を忘れた方は、コチラをクリックすると戻れます。)

 

OpenSeaへアクセスし、人物マークをクリック。

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

次に、「Profile」をクリックします。

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

続いて、MetaMaskをクリックして下さい。

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

先ほど作成した、MetaMaskのパスワードを入力してログインします。

最後に「次へ」⇒「接続」をクリックし、登録完了です!

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

NFT君
入力項目が少なくて、めちゃくちゃ簡単ですよね。

 

最後にOpenSeaのアカウント登録を行おう

特に必須ではありませんが、OpenSeaのアカウント登録の方法も解説しておきます。

 

人物マーク⇒「Settings」をクリックします。

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

続いて、下記項目を入力していきます。

  • Profile Image(=プロフィール画像)
  • Username(=ユーザーネーム)
  • Bio(=プロフィール文)
  • Email Address(=確認用)
  • 最後に「save」ボタンをクリック

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

確認メールが届くので、「VERIFY MY EMAIL」をクリックして完了です!

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ10選!

 

OpenSeaの使い方(NFTの買い方)

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSeaの登録さえ完了すれば、NFTの購入はとても簡単です。

 

詳細は以下記事にて解説していますが、最も簡単な買い方を下記で紹介しておきます!

 

>>OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!超入門編

 

まず欲しいNFTを見つけて、「Buy now」をクリック。

OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方

 

次に「Confirm checkout」をクリックします。

OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方

 

「確認」をクリックして購入完了です!

OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方

OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方

 

OpenSeaの使い方(NFTの出品方法・売り方)

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSeaでNFTを出品する際は、下記3つの手順を踏む必要があります。

STEP.1 OpenSeaにコレクションを作成

STEP.2 コレクションに出品するアイテムを登録

STEP.3 アイテムの出品手続きを完了

 

出品に関しては、少々手順が多いので注意しながら行って下さいね。

 

以下記事にて、全ての出品手順を画像つきで解説していますので気になる方はどうぞ!

 

>>図解!NFTの出品方法・売り方|OpenSea(オープンシー)

 

保有中のNFTの売り方も、セットで解説しています。
編集長

 

OpenSea使用上の注意点・デメリット

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSeaの注意点・デメリットは下記2つ。

  • 売買には仮想通貨が必須
  • 出品したNFTは売れない可能性もある

それぞれ解説していきます!

 

売買には仮想通貨が必須

OpenSeaは、法定通貨(日本円やドルなど)・クレジットカードに未対応です。

 

なので、現状はNFT作品の売買にはイーサリアム(ETH)などの仮想通貨が必須になります。

 

ただし、OpenSeaは今後クレジットカードに対応する方針を示しています。

 

クレジットカード対応になれば、更に利用者が増えてNFT作品の流通も増え、より世界にNFTが浸透していくでしょう。

 

NFT作品を保有している日本人は、まだまだ超少数派。ぼくも初めは未知の世界でしたが、OpenSeaに登録してNFTに一層関心がわきました!
編集長

 

出品したNFTは売れない可能性もある

当然ですが、出品したNFTは売れない可能性もあります。

 

売るためには、コンセプト決めやマーケティング、認知拡大などの施策が必要です。

 

ただ、有名なインフルエンサーが購入し、そこから人気に火が付くケースもあります。

 

NFTは『以前誰が持っていて、いくらで売買したのか』などの情報を一覧で見れるので、有名人に購入されると一気に価格が上昇するケースも珍しくありません。

 

出品に興味がある方は、先に以下記事をどうぞ!
編集長

 

>>【NFTアートは売れないと諦めてませんか?】売るコツ6選

 

OpenSea使用に関してよくあるQ&A

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

OpenSea使用に関してよくあるQ&Aは下記5つ。

  • OpenSeaの運営会社はどんな会社?
  • OpenSeaのアプリはある?
  • 出品後の販売価格は操作できる?
  • OpenSeaのガス代はいつ発生する?
  • 日本人のおすすめのNFTアートは?

順番にみていきましょう!

 

OpenSeaの運営会社はどんな会社?

OpenSeaの運営会社は、アメリカ・ニューヨークに本社を置く「OpenSea社」。

 

2017年設立と業歴は深くないものの、2017年7月にはエンジェル投資家などから資金調達を行い『ユニコーン企業』となりました。

 

過去、Twitter社やMeta社(旧Facebook社)、日本のメルカリ社がユニコーン企業として君臨していました。

 

今後、更なるOpenSeaの利便性向上に期待が膨らみますね!
編集長

 

OpenSeaのアプリはある?

ios版Android版のアプリがあります。

 

ただし、アプリではNFTの売買ができず閲覧専用になっています。

 

出品後の価格変更は可能?

「値下げ」による価格変更が可能です。

 

NFT君
値上げはできないので、迷ったら少し高めに価格設定しておき、市場の反応を見ながら調整することをおすすめします!

 

OpenSeaのガス代はいつ発生する?

ガス代の発生タイミングは、『イーサリアム』か『Polygon』どちらのNFTを出品するか、または購入するかで変わります。

 

節約方法と合わせて以下記事で解説していますので、ご参照下さい!

 

>>【オトク】OpenSeaのガス代発生タイミング・節約術

 

日本人のおすすめのNFTアートは?

以下記事で予算別に、10選丁寧に解説しました。

 

どうぞご参照ください!

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ10選!

 

まとめ

Opensea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化!

今回は、OpenSea(オープンシー)の『概要や始め方、使い方や注意点』などを解説しました。

 

OpenSeaに登録することによって、世界中の様々なNFT作品に触れることができます。

 

過去のぼくがそうだったように、ぶっちゃけNFTは実際に触れないとつかめない部分が多いんです。。

 

日本でNFTを保有している人は、まだ超少数派。

 

今のうちにNFTを触り、時代の一歩先を走りましょう!

 

OpenSeaの始め方に戻りたい方は、コチラをクリックして下さい。

 

>>OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!超入門編

 

>>図解!NFTの出品方法・売り方|OpenSea(オープンシー)

 

>>実質無料で購入資金を稼ぐ方法

 

  • この記事を書いた人

編集長YU

元銀行員 | 仮想通貨投資6年目 | 日本発のNFTコレクションを応援 | 総投資額4.5百万円 | 金融商品販売額10億超 | 証券外務員1種保有