NFT

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

・最近NFTのホワイトリスト(WL)ってよく聞くけど、いったい何なの?

・WLをもってるとどんなメリットがあるの?

・獲得方法や獲得するコツが知りたい…

こんな数々のお悩みを解決します!

 

本記事の内容

ホワイトリスト(WL)とは?

人々がWLを欲しがる3つの理由

WLを獲得する方法・獲得のコツ

優良WL情報の追いかけ方

よくあるQ&A4つ

 

今回は、NFT投資の成功を左右する、『ホワイトリスト(WL)』について解説します。

 

結論からいうと、WLを持っていれば、NFT投資で損する可能性を大きく減らせます。

 

なぜなら、WLがあると『NFTを優先的に・安く購入できる』から。

 

ぼくは本記事の内容でWLを獲得し、とんでもないリターンを得ました…!

 

そんなぼくが実践してきた『WL獲得のコツ』も解説するので、ぜひ順番にご覧ください。

 

本記事を読むと、WLについて120%理解でき、少額でリターンを狙える可能性が爆上がりしますよ!

 

【手数料についての重要なご案内】

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%ほど大損します。

(10万円分で5,000円の損 ※通貨を円に戻す時もまた損)

人気のコインチェックでは、主要な仮想通貨が「販売所」でしか買えません。

大損しないためにも、ビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

\無料5分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

NFTのホワイトリスト(WL)とは?

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

WL(=ホワイトリスト)とは、『NFTを優先的に・安く購入する権利』のこと。

 

一般的にNFTは、下記の流れで販売されるのですが、WL保有者は「プレセール」で買えます。

 

つまりWLを入手できれば、初期に安く買ったNFTで大きなリターンを得やすくなるのです。

 

最近少しづつ、WLを入手して「NFTせどり」に尽力する方も増えていますね。

 

>>【デメリット必見】NFTせどりの始め方・やり方!最新版

 

以下動画も勉強になりますよ。
編集長

 

人々がNFTのホワイトリスト(WL)を欲しがる理由とは?

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

人々がホワイトリスト(WL)を欲しがる理由は、下記の3つです。

  1. NFTを安く・ほぼ確実に買える
  2. 今後の特典を見越している
  3. 手数料(ガス代)で損しにくい

順番に解説していきます!

 

NFTを安く・ほぼ確実に買える

まず挙げられる理由は、人気のNFTが安く・ほぼ確実に買えるからです。

 

NFT君
人気のNFTだと、WL保有者でも早い者勝ちになることがあります。

 

NFTの注目度にもよりますが、ぼくはリリース直後に500倍で転売できた経験がありますね。

 

特に、激安リリース(0.001ETH:約250円)のNFTだと、なおさらWLの存在は大きいです。

 

>>【完全ガイド】NFT転売のやり方・始め方!爆益の実例も公開

 

今後の特典を見越している

NFTプロジェクトによっては、オーナーに対して特典があるケースもあります。

 

上記のような特典は、NFTをたくさん持っている人が手厚い特典を受けられるケースが多いです。

 

なので、WLをたくさん入手して、確実に・低コストで複数のNFTを購入する方がいるというわけですね。

 

予算があまりない方こそ、積極的にWLの入手を目指しましょう!
編集長

 

>>CNPの概要・買い方(1体40万円ほどすることには注意)

 

手数料(ガス代)で損しにくい

NFTを購入する際、「ガス代」と呼ばれる手数料がかかります。

 

そしてこのガス代は、利用者が多いタイミングで高騰する傾向があるんですよね。

 

しかしWLをもっていると、比較的ゆったりと購入できるケースもあります。

 

したがって、手数料(ガス代)を高値でつかみづらいのです。

 

ガス代についてくわしく知りたい方は、『ガス代の発生タイミング・節約術』をどうぞ!

 

NFTのホワイトリスト(WL)を獲得する方法

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

NFTのホワイトリスト(WL)を獲得する方法を3つ、それぞれ解説していきます!

  1. TwitterのGiveaway企画に応募
  2. プロジェクトのコミュニティで活動
  3. プロジェクトの関連NFTを保有

 

TwitterのGiveaway企画に応募

Twitterを中心に、Giveaway(=無料プレゼント企画)でWLがもらえることもあります↓

 

だいたいのGiveaway企画は参加要件がかんたんなので、気軽に参加してみてください。

 

Giveawayについてくわしく知りたい方は、『【NFT Giveaway完全版】やり方・受け取り方の全て』をどうぞ!

 

ちなみに、ぼくも何度かGiveawayを開催した経験があるので、後ほど当選するコツも解説します。

 

プロジェクトのコミュニティで活動

続いて、NFTプロジェクトのコミュニティで活動する方法です。

 

WLの付与条件はそのコミュニティ次第ですが、下記のような活動でもらえることが多いですね。

  • そのNFTについてのブログ記事執筆
  • コミュニティ参加者のサポート対応
  • コントリビューター(主要貢献者)
  • 各種イベントへの参加

 

NFTコミュニティは『Discord』を使うのが一般的なので、以下動画(Windows版)を参考に初期設定しておきましょう!

 

Mac版・スマホ版は、『Discord(ディスコード)の始め方・注意点』をどうぞ!

 

プロジェクトの関連NFTを保有

関連NFTをもっていることで、新しくリリースされるNFTのWLがもらえることもあります。

関連NFTによるWLの入手写真

 

複数プロジェクトの立ち上げは、やはりNFTプロジェクト自身に規模や資金力がないとなかなかできません。

 

NFT初心者の方は、インフルエンサー:イケハヤ氏(@IHayato)のCryptoNinjaをチェックしておくといいですよ!

 

>>【最新】CryptoNinja(クリプトニンジャ)NFT完全版【イケハヤ氏創設】

 

【実体験】NFTのホワイトリスト(WL)を獲得するコツ

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

NFTのホワイトリスト(WL)を獲得するコツは、下記の2つです。

  1. TwitterアイコンをNFTにしておく
  2. 自分のブログをもっておく

それぞれ解説していきます!

 

TwitterアイコンをNFTにしておく

Giveaway含めてWLの当選確率をあげるには、TwitterアイコンをNFTにしておくのがおすすめです。

 

なぜなら、すでにNFTをもっていることが、プラスの情報になるから。

 

というのも、そもそも運営側がWLを配る理由は、そのNFTの認知拡大やファンの獲得です。

 

つまり、すでにNFTに触れていて、一定のリテラシーがある人に渡した方が効果的なんですよね。

 

ぼくも下記のような企画で、NFTに触れている方を優先しました。
編集長

 

なので、WLを入手したい方は、安くてもいいのでNFTアイコンにしておきましょう!

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ22選!

 

自分のブログをもっておく

多くのコミュニティでは、ブログ記事を書くとWLがもらえます。

ブログでWLがもらえる証拠

 

NFTジャンルは特に稼ぎやすく、誰でも10万円以上稼げる方法があるので、金銭的リスクは0です。

 

ぼくはブログのおかげで脱サラできましたし、WL入手にもかなり役立ちますよ。

脱サラした証拠

 

「別の副収入を作りたい…」と思っている方は、NFT投資×ブログ発信が稼ぎやすいですよ!
編集長

 

>>【稼ぐコツ3選】NFTブログアフィリエイトの始め方・稼ぎ方

 

NFTのホワイトリスト(WL)獲得後の購入(ミント)方法

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

少し早い話しかもですが、大切なので解説しておきますね。

 

WLを入手したら、一般的にはDiscordコミュニティの『専用ページ』でミント(購入)します。

 

リリース日当日、以下のようなサイトができるのでサクッと購入しましょう。

NFTのミントのやり方

 

NFTの世界では、購入のことをよくミントといいます。

 

気になる方は、『【図解】NFTをMint(ミント)するってどういう意味?』をご参照ください。

 

ミント情報は運営から必ずアナウンスがあるので、日々Discordや公式Twitterをみておきましょう!

 

購入(ミント)する上での必須の下準備

リリース日までに、必ず下記5STEPを行っておいてください。

  1. ビットフライヤーで口座開設
  2. ビットフライヤーへ円を入金
  3. MetaMask(メタマスク)を準備
  4. イーサリアムを購入・送金
  5. OpenSeaとMetaMaskを簡単連携

 

準備を忘れると、せっかく入手したWLが無効になります。

 

後日の特別対応もできないので、できるだけ早く準備するのがおすすめですね。

 

くわしくは、以下記事をどうぞ!

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

最悪、最も時間がかかる口座開設だけでもしておくと、大きな1歩です!
編集長

ビットフライヤー口座開設手順

\無料5分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

 

優良NFTのホワイトリスト(WL)情報の追いかけ方

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

あくまでぼくのおすすめですが、下記を参考にすると成功しやすいはず。

人物 Voicy(音声配信)チャンネル名
イケハヤ氏(@IHayato
※国内最強『CryptoNinjaNFT』の代表
イケハヤラジオ
しゅうへい氏(@shupeiman
※大注目のNFT:LLACの代表
猫のように生きてみるラジオ
Paji氏(@paji_a
※NFT界で有名な連続起業家
裏・パジちゃんねる
【スマホでは左右にスクロールできます】

 

その根拠は、上記の方々を参考にNFT投資を進めたところ、副業会社員のぼくでも車を買えるくらいの利益がでたから。

 

特にイケハヤ氏の情報の速さ・新たな戦略・伸びるNFT予想はかなり精度が高いので、非常に参考にしています。

 

ちなみに、ぼくは情報をインプットした上で、伸びそうなNFTしか記事にしません。

 

ぼくがブログを書いてきたNFTのほとんどは成功しているので、当メディア(新時代3.0)もぜひ参考にしてください。

 

>>【完全初心者向け】NFTの勉強法6選!おすすめ順に解説

 

こちらをクリックして、『WL獲得に有効な下準備』をしておく!

 

NFTのホワイトリスト(WL)でよくあるQ&A

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

ホワイトリスト(WL)関連でよくあるQ&Aは、下記の4つです。

  1. WLとALの違いは?
  2. NFTを触る上での注意点は?
  3. TwitterでのWL情報の探し方は?
  4. 仮想通貨を大損する買い方は?

 

WLとAL(アローリスト)の違いは?

結論からいうと、同じ意味だと考えてOKです。

 

アローは「許可」という意味なので、優先購入を許可する権利のようなイメージですね。

 

昨今、WLという言葉が『人種差別』にあたるとして、アローリスト(AL)に変わりつつあります。

WLとALの違い

 

NFTを触る上での注意点は?

とにかく、詐欺師に資産を奪われないよう注意することです。

 

下記のような手法でアプローチしてくるので、見知らぬDMは基本的に無視してください。

  • TwitterでDMを送る
  • DiscordでDMを送る
  • 見知らぬNFTを送りつける
  • 検索エンジンに偽サイトを表示

 

ぜひ『【厳選4選】NFTの詐欺手法とその対策』を読んで、防御力を高めてくださいね!

 

TwitterでのWL情報の探し方は?

Twitterの検索窓で、下記のようなハッシュタグで検索するとヒットしますよ。

  • #AL
  • #WL
  • #Giveaway
  • #ホワイトリスト
  • #NFTGiveaways

 

こちらをクリックして、『WL獲得に有効な下準備』をしておく!

 

仮想通貨を大損する買い方は?

前提として、仮想通貨は「販売所」・「取引所」のどちらかで買います。

 

「販売所」は手数料が高くて大損するので、「取引所」を使うのが大切です。

 

通貨を円に戻す時も、また損しますので。
編集長

 

人気のコインチェックでは、イーサリアム(ETH)が「販売所」でしか買えません。

 

初心者の方ふくめ、『安く買えて多機能』なビットフライヤーを使いましょう!

\無料5分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤー口座開設手順

 

NFTのホワイトリスト(WL)まとめ

【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

繰り返しですが、WLを入手しておくと、少額投資で大きなリターンを得られるチャンスです。

 

ぼくのフォロワーさんでWLを持っていた方は、250円→375,000円(1,500倍)で売れた方も…。

WLによって大きなリターンを得た実例

 

確かにNFTはかんたんではないですが、勉強すれば最高の投資対象になります。

 

ぜひあなたもスモールスタートして、車1台分のリターンを目指しましょう!

 

こちらをクリックして、『WL獲得に有効な下準備』をしておく!

 

まずは、必須になる無料口座を作っておいてくださいね!
編集長

\無料5分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤー口座開設手順

 

>>【稼ぐコツ3選】NFTブログアフィリエイトの始め方・稼ぎ方

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ22選!

 

>>【デメリット必見】NFTせどりの始め方・やり方!最新版

 

>>【完全ガイド】NFT転売のやり方・始め方!爆益の実例も公開

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

bitFlyer
  • この記事を書いた人

新時代3.0編集部

編集長YUの経歴:銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFTコレクター | 金融商品販売額10億超の実績あり | 証券外務員1種保有 ※当サイトでの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。