メタバース

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

2022年6月4日

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

メタバースの土地って、どうやって選んでどうやって買うの?購入手順や概要をくわしく知りたいな…

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

メタバース上の土地の概要・特徴

土地の選び方2STEP・買い方3選

土地を買う際の注意点

 

「メタバースの土地ってなに?買うの難しいのかな?」と疑問ですよね。ぼくも同じでした。。

 

先に結論をいうと、メタバース上の土地とは以下のような『仮想空間にある土地』で、現実世界の土地よりも容易に買えます。

 

とはいえ、「土地の選び方」や「どの土地を買うべきか」など分からないと思うので、丁寧に解説しますね。

 

押さえておくべき注意点も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

本記事を読むと、知識0でも問題なく、メタバースの土地を保有する『最先端の投資家』になれますよ!

 

【手数料についての重要なご案内】

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%ほど大損します。

(10万円分で5,000円の損)

人気のコインチェックでは、主要な仮想通貨が「販売所」でしか買えません。

大損しないためにも、ビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

\無料10分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

 

こちらをクリックして、さっそく『メタバー上の土地の買い方』をみる!

メタバース上の土地とは?特徴も解説

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

メタバース上の土地とは『仮想空間上の土地』で、データの中にある土地のこと。

 

データではあるものの、Facebook社がMeta社に社名変更してメタバース事業に注力する他、Google社やMicrosoft社も開発を進めています。

 

2028年には約100兆円の市場規模になると予想されていて、いま大注目です。

 

NFT君
100兆円とは、日本の平成31年度の「国家予算」に相当。先進国1つ分の市場規模って期待大ですね。。

 

>>【必見】メタバース=流行らないと勘違いしていませんか?

 

買い方は、画面をポチポチするだけ。現実の不動産の契約に比べると、よっぽどラクです。

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

そんなメタバースの特徴を2つ、深掘りしていきます!

  • 土地がNFTになっている
  • 用途が幅広い

 

土地がNFTになっている

メタバース上の土地の大きな特徴は、NFTになっていることです。

 

NFTとは簡単にいうと、『データに固有IDをつけて、世界で唯一だと証明する技術』のこと。

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

さらに、『所有者の移転』も自動でデータに刻まれる最先端の技術であり、セキュリティ対策も強固です。

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

NFTの土地を買うメリットの1つとして、ビジネス用途で使える(お金を稼いで良い)ことが挙げられます。

 

たとえば、「ポケモン」のゲーム内の土地でイベントを開く(ビジネス用途で使う)と、ポケモンの運営会社から怒られますよね。

 

しかし、NFTは所有者が自分なので、ビジネス用途で使おうが自由です。

 

後述する『The Sandbox』などの規約だけは、確認しておいた方が安心でしょう。
編集長

 

>>NFTとは?メリット・デメリット・仕組みをわかりやすく解説!

 

用途が幅広い

メタバース上の土地は、用途がかなり幅広いです。

 

具体的には、下記の通り。

  • イベントなどを開催して収益化
  • 土地を活用して広告収入を得る
  • 土地を貸し出す
  • 土地を開発して売却
  • 土地を売買 etc...

 

要するに、投資にも趣味にもビジネスにも使えるんですよね。

 

住宅ローンを組めない(2022/6/4時点)のが難点ですが、現実の不動産を契約するよりラクかつ、市場の伸びしろが期待できるかもしれません。

 

活用術の詳細や、メタバースの土地活用の専門家は以下記事をご参照ください!

 

>>【超最新】メタバースの土地活用術5選!頼れるプロもご紹介

 

こちらをクリックして、さっそく『メタバー上の土地の買い方』をみる!

 

メタバース上の土地の選び方2STEP

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

メタバース上の土地の選び方は、下記2STEP。

  • どのメタバースで土地を買うか決定
  • 立地や価格などの条件を確認

順番に解説していきます!

 

STEP1:どのメタバースで土地を買うか決定

まずは、どのメタバースで土地を買うか決める必要があります。

 

土地が買える有名プラットフォームは、下記の通り。

 

特に『The Sandbox』・『Decentraland』が有名で、どちらかから選ぶ方が多いですよ。

 

迷ったら、海外企業ではGUCCIやAdidas、国内企業ではソフトバンクやavexが参入している『The Sandbox』がおすすめ。
編集長

 

土地価格について比較確認したい方は、以下記事を参考にしてください。

 

>>【お得にゲット】メタバース上の土地の最低・平均価格まとめ

 

STEP2:立地や価格などの条件を確認

土地を買う際は、立地条件や価格などを総合して判断する必要があります。

 

というのも、たとえば『The Sandbox』では、以下のように広大な土地の中から選ばなければいけません。

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

引用元:The Sandbox公式

 

なので、「価格重視で購入するのか」、「将来を見据えて値上がり重視で購入するのか」など事前に考えておく必要があります。

 

NFT君
有名企業が保有する近辺の土地を持っていると、広告収入などが見込めそうですね。

 

次章でご紹介する買い方では、すべて立地条件を確認できるようになっていますので、ぜひご確認ください!

 

メタバース上の土地の買い方(購入方法)3選

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

メタバース上の土地の買い方は、下記の3つです。

順番にみていきましょう!

 

【最も簡単】『コインチェックNFT』

最も簡単に買えるのは、国内大手で初心者でも操作が簡単なコインチェック運営の、『コインチェックNFT』です。

 

コインチェックで無料口座開設すると、コインチェックNFTも無料で使えるようになります。

 

メタバースプラットフォーム2大巨塔の土地を買えるため、口座開設しておいて損しませんよ。

 

さらにコインチェックでは、国内で初めてThe Sandboxのゲーム内通貨(SAND)の取り扱いも始めました!

 

>>【無料】コインチェックで口座開設する

 

口座開設の手順が知りたい方は、以下記事をどうぞ。
編集長

 

>>コインチェック口座開設5STEP!開設は遅い?所要日数は?

 

口座開設後の土地購入手順

口座開設が終わったら、円を入金して仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入し、土地を購入する流れです。

 

入金・イーサリアムの購入は、以下記事をどうぞ!

 

>>簡単!コインチェックでイーサリアムを購入・送金する手順

 

ETHの購入が終わったら、以下の手順で購入できます。
編集長

 

コインチェックNFTにアクセスし、The Sandboxページをクリック

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

各土地の立地や価格を確認

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

買う土地が決まったら、「購入」をクリック

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

世界最大のNFT売買所『OpenSea』

メタバース上の土地は、世界最大のNFT売買所OpenSeaでも購入できます。

 

本記事でおすすめした、『The Sandbox』・『Decentraland』・『Cryptovoxel』はすべてOpenSeaに出品されていますよ。

 

OpenSeaには、メタバース上の土地以外にも、SNSのアイコンにできるNFT画像などが盛り沢山。

 

今後NFTにも触れていきたい方は、OpenSeaでアカウントを作っておくといいですよ!

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

OpenSeaのアカウントができたら、以下のように検索してくださいね。
編集長

 

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

 

手数料を抑えたい方は、ビットフライヤーの口座を持っておきましょう!
編集長

ビットフライヤー口座開設手順

\無料10分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

 

口座開設の手順を知りたい方は、『口座開設5STEP』の記事をご覧ください。

 

各プラットフォームの売買所

The SandboxやDecentralandには、アプリ内から売買所へ移動して購入できます。

 

詳しい手順は、以下記事をご参照ください!

 

>>超最新!The Sandboxの始め方・遊び方|稼ぎ方4選

 

>>超最新!ディセントラランドの始め方・遊び方|稼ぎ方5選

 

メタバース上の土地を買う際の注意点

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

メタバース上の土地を買う際の注意点は、下記3つ。

  • 買う前に最新価格をチェック
  • 土地を買えるのは20歳以上
  • 土地の売却益は課税対象

それぞれ解説していきます。

 

買う前に最新価格をチェック

メタバース上の土地は安い買い物ではないため、買う前に最新価格はチェックしてください。

 

OpenSeaで出品されている『The Sandbox』の土地の最低価格は、約370,000円(22/6/4時点)です。

 

以下のように、1ヵ月でみても価格は上下しています。

 

価格をチェックする際は、以下URLとコインチェックNFTの価格をみるといいでしょう。

 

>>『The Sandbox』OpenSeaページ

>>『Decentraland』OpenSeaページ

>>『Cryptovoxels』OpenSeaページ

 

土地を買えるのは20歳以上

メタバース上の土地は、20歳以上でないと買えません。

 

なぜなら、コインチェックなどの国内仮想通貨取引所で口座開設ができないからです。(参照:金融庁公式

 

つまり、購入に必要なイーサリアム(ETH)を入手できないんです。

 

もしあなたが20歳未満の場合、親御様にご協力してもらってくださいね!
編集長

 

土地の売却益は課税対象

買う段階で迷う必要はないですが、土地の売却益を得た場合は課税対象です。

 

仮想通貨関係の法整備は、まだ追い付いていません。

 

場合によっては、税務署や税理士に確定申告の相談が必要になる可能性があります。

 

事前に頭に入れておいていただけると幸いです!

 

こちらをクリックして、『メタバー上の土地の買い方』に戻る!

 

まとめ:メタバース上の土地を買うのは難しくない!

【選び方・買い方まで!】メタバースの土地購入ロードマップ

メタバース上の土地の買い方を、改めて整理します。

 

どれも現実の不動産と比べると、よっぽどラクに購入可能です。

 

購入前には必ず最新価格をチェックして、少しでもお得に購入してくださいね!

 

こちらをクリックして、『メタバー上の土地の買い方』に戻る!

 

ビットフライヤー口座開設手順

\無料10分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

 

>>【お得にゲット】メタバース上の土地の最低・平均価格まとめ

 

>>超最新!The Sandboxの始め方・遊び方|稼ぎ方4選

 

>>超最新!ディセントラランドの始め方・遊び方|稼ぎ方5選

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

>>無料で投資資金を稼ぐ方法

  • この記事を書いた人

編集長YU

銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFT30体以上保有 | 金融商品販売額10億超 | 証券外務員1種保有