NFT

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

NFT関連でよく聞く、「リビール」ってなに?やり方や具体的な内容を教えて…

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

NFTのリビールとは?

リビールが行われる理由

リビールのデメリット・注意点

リビールを取り入れたNFTの例

リビールのやり方2STEP

 

結論からいうと、NFTのリビールとは『隠されていたデザインが明らかになること』です↓

リビール前後の写真

 

国内・海外で、リビールを取り入れるNFTは多くあります。

 

そこで今回は、リビールを取り入れる理由やデメリット、法律面での不安などを幅広くみていきましょう。

 

本記事を読むと、NFTのリビールについて120%理解でき、NFTを選別する知識レベルが向上しますよ!

 

【手数料についての重要なご案内】

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%ほど大損します。

(10万円分で5,000円の損 ※通貨を円に戻す時もまた損)

人気のコインチェックでは、主要な仮想通貨が「販売所」でしか買えません。

大損しないためにも、ビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

\無料5分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

NFTのリビール(Reveal)とは?

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

リビール(Reveal)とは直訳すると、「正体を現す」という意味です。

 

NFTの世界でも同じで、以下のようにデザインを現すことを示します。

 

NFTの購入者はどのデザインがでてくるかわからないため、「ガチャ」のような要素を含んでいますね。

 

リビールは、数千~数万点のNFTを販売する『ジェネラティブNFT』で取り入れられるケースが多いです。

 

>>【最新】ジェネラティブアートNFTとは?作り方・おすすめを解説

 

NFTでリビール(Reveal)が行われる理由

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

NFTでリビールが行われる理由を3つ、順番にみていきましょう!

  1. まとめ買いが起こりやすい
  2. 市場の注目を集めやすい
  3. コミュニティが盛り上がりやすい

 

まとめ買いが起こりやすい

リビールを取り入れると、まとめ買いが起こりやすくなります。

 

なぜなら、多く持っていると「レア(人気の)個体」が当たる可能性が高まるから。

 

例えるなら、低い可能性に賭けて「宝くじ」をまとめ買いしてしまうイメージです。

 

NFTは入手してすぐ売買できるので、レア個体を引けばほんの数分で爆益になる可能性があります。

 

>>【最新版】NFTせどりの始め方・やり方!爆益の実例を公開

 

市場の注目を集めやすい

次に挙げられるのは、市場の注目を集められるところ。

 

どんなデザインがでてくるかわからないため、注目が集まりやすくなります。

 

世界中に転がっているNFTとの差別化、つまりマーケティング(販促)に使えるというわけです。

 

>>【見なきゃ損】NFT=流行らないと勘違いしていませんか?

 

コミュニティが盛り上がりやすい

市場の注目が集まると、NFTのコミュニティが盛り上がりやすくなります。

 

「どんなデザインなんだろう?」、「リビールはいつ?」などコミュニティ内で会話が発生しやすくなるんですよね。

 

NFTの価値を高めるためには、コミュニティに集客し、そのNFTを心から楽しんでくれるファンを増やす必要があります。

 

なので、リビールを活用して盛り上がりを作る手法が流行っているのです。

 

ちなみに、国内NFT時価総額1位の『CNP』も、参加者数62,000人超の巨大コミュニティをもっています。

 

>>【CNPの買い方・概要】CryptoNinja PartnersNFT完全版

 

NFTでリビール(Reveal)を行うデメリット・注意点

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

リビールを行うデメリット・注意点は、下記の3つです。

  1. 一気に売られる可能性がある
  2. 価格が急落する可能性がある
  3. 国内では法律面に不安がある

それぞれ解説していきます。

 

一気に売られる可能性がある

リビールを行うと、一気に売られるリスクがあります。

 

理由はシンプルで、納得できるNFTがでてくるとは限らないから。

 

売られる理由としては、たとえば下記などが挙げられます。

  • レア度が低い
  • デザインが好みじゃない
  • みんな売り出したから合わせる

 

NFTはリスト(出品)率が表示されるため、高まりすぎないように注意が必要です。

NFTのリスト率

 

大量に出品されていると、投資家は警戒して買わなくなってしまいます。

 

なので、リビールをする際は注意が必要です。

 

価格が急落する可能性がある

一気に売られると、価格が急落するリスクもあります。

 

価格が急落し始めるとさらに売る人が増え、一瞬で価値の低いNFTになる可能性も…。

 

とはいえ、NFTは銘柄さえ見極めれば投資対象になるので、ぜひ「儲け方」を知っておいてください!

筆者のNFT投資の利益

 

>>【儲かる事例あり】NFTは儲からないと勘違いしてませんか?

 

国内では法律面に不安がある

国内でリビールを行うなら、法律面の確認が必要です。

 

その根拠は、日本暗号資産ビジネス協会で下記のようなガイドラインが公表されているから。

NFTをサービス上取り扱う際、以下の構成要件を満たす場合には、賭博罪(刑法第185条第186条)に該当する可能性があります。

  1. 偶然の勝敗により
  2. 財産上の利益の
  3. 得喪を争うこと
  4. 失われ得る財産上の利益が一時の娯楽に供するものでないこと

引用元:日本暗号資産ビジネス協会

偶然の勝敗により =ガチャ要素
得喪を争う =利益・損失をだす

 

素人では判断が難しいので、コミュニティや弁護士サービスを活用して違法性をなくしましょう!

 

リビールの法律面について相談するには?

 

結論からいうと、『ココナラ』の無料法律相談がおすすめです↓

ココナラの法律相談

 

無料登録すれば利用できるので、リビールをご検討中の方は相談してみてくださいね。

 

>>【無料】ココナラ公式サイトをみる

 

リビール(Reveal)を取り入れたNFTの例

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

リビールを取り入れた(今後取り入れる)NFTを3つ、順番にみていきましょう。

  1. Azuki(海外有名NFT)
  2. CloneX(海外有名NFT)
  3. HOUOU(2023年1月頃リリース予定)

 

Azuki(海外有名NFT)

Azukiのイメージ画像

 

まずは、海外でも非常に有名な『Azuki』が挙げられます。

 

かなりの価値がついていますね↓

Azukiの最低価格

 

リビール前後にどんなマーケティング施策を行ったのか、NFT運営者は参考になるはずです。

 

CloneX(海外有名NFT)

CloneXのイメージ画像

 

日本人ホルダーが多い『CloneX』も、リビールが行われたNFTです。

 

こちらも高級品ですね↓

CloneXの初期費用

 

HOUOU(2023年1月頃リリース予定)

2023年1月頃リリースを予定されているNFT、『HOUOU』も大注目です。

 

HOUOUは、インフルエンサー:イケハヤ氏が運営する『イケハヤ仮想通貨ラボ(ICL)』の公式NFT。

HOUOUについて

 

リビール予定ですが、ラボメンバーに「フリーミント(無料配布)」されるので法律の問題はありません。

 

イケハヤ氏がマーケティングすれば、HOUOUの価値はどこまで上がるのか期待です…!

 

HOUOUを入手したい方は、以下記事をご参照ください。

 

>>【評判あり】ICL(イケハヤ仮想通貨ラボ)とは?入会方法・AL情報まとめ

 

【OpenSea】NFTのリビール(Reveal)のやり方

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

リビールのやり方は、かんたん2STEP。

  1. メタデータを更新
  2. ページを読み込む

サクッと解説しますね!

 

STEP1:メタデータを更新

リビールするNFTページへいく。

 

①・②をクリックし、数分待つ。

メタデータを更新

 

STEP2:ページを読み込む

ページを更新(リフレッシュ)。

ページを読み込む

以上で完了します!

 

リビールできない時の対処法

前述の手順でリビールできない場合は、下記の可能性があります。

  • ぺージ更新が上手くできていない
  • リビール予定日時が変わった
  • 偽サイトでNFTを買ってしまった

 

リビール前後は、そのNFTの代表者やコミュニティの発信をきちんと確認しておきましょう!

 

NFTのリビール(Reveal)でよくあるQ&A

【必見】NFTのリビール(Reveal)とは?やり方・法律面等を解説

よくあるQ&Aを3つ、順番にみていきましょう。

  1. NFT初心者にはリビールの有無どちらがおすすめ?
  2. NFTの初期費用は?
  3. NFTって儲かるの?

 

NFT初心者にはリビールの有無どちらがおすすめ?

結論からいうと、リビールなしがおすすめです。

 

なぜなら、リビール後の動きを読むのが難しいから。

 

NFT初心者の方は、すでに販売されているものかWL(優先購入権)を入手して、安価に始めましょう!

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ22選!

 

>>【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

 

NFTの初期費用は?

初期費用は、下記の通りです。

  • 購入:約1,800円+作品代
  • 販売:基本無料

 

くわしくは、以下記事をどうぞ!

 

>>【最新版】NFTを始める初期費用は?安く抑える6つの方法

 

NFTって儲かるの?

もちろん投資リスクはありますが、勉強すれば儲かります。

 

事実、お小遣いからNFT投資を始めた副業会社員のぼくでも、車1台分のリターンを得ていますよ。

 

どのようにして利益を上げたのかは、以下記事にてまとめました!

 

>>【儲かる事例あり】NFTは儲からないと勘違いしてませんか?

 

本日は以上です。ありがとうございました!
編集長

 

【手数料についての重要なご案内】

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%ほど大損します。

(10万円分で5,000円の損 ※通貨を円に戻す時もまた損)

人気のコインチェックでは、主要な仮想通貨が「販売所」でしか買えません。

大損しないためにも、ビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

\無料5分・最短即日取引OK/

ビットフライヤーで口座開設する

 

>>【最新版】NFTせどりの始め方・やり方!爆益の実例を公開

 

>>【最新版】NFTを始める初期費用は?安く抑える6つの方法

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ22選!

 

>>【必見】NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法も解説

 

>>【儲かる事例あり】NFTは儲からないと勘違いしてませんか?

bitFlyer
  • この記事を書いた人

新時代3.0編集部

編集長YUの経歴:銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFTコレクター | 金融商品販売額10億超の実績あり | 証券外務員1種保有 ※当サイトでの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。