NFT

最安!OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

2022年3月1日

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSea(オープンシー)でPolygonNFTを購入・出品する方法を知りたい。そもそもPolygonってなに?

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

Polygonってなに?

OpenSeaでPolygonNFTを購入・出品する方法

PolygonNFTの注意点

 

先に結論をいうと、Polygonを使えば『安く速く』NFTを購入・出品できますが、取り扱いが難しいため事前の深い理解が重要です。

 

また、Polygonの入手方法は複数あるため、正しい入手方法を知らなければ、時間とお金をムダにしてしまう可能性があります。

 

そこで今回は、完全初心者向けに『Polygonの概要や購入・出品方法、最安の入手方法』などを解説します。

 

本記事を読むことで、Polygonへの理解が深まり、Polygonを使うべきか判断できるようになりますよ

 

NFTを始める上で、本記事の内容理解は必ず役に立ちます。ぜひ最後までご覧下さい。
編集長

そもそもPolygonってなに?MATICとの違いは?

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

Polygonを理解するために、まずは以下をご参照下さい。

ブロックチェーン名 Polygon
Polygonが開発された理由 イーサリアムの需要拡大による
・ガス代(利用料)の高騰
・取引速度の遅延
を防ぐため
PolygonとMATICの違い 同じものと考えてOK
※開発当初の呼び名(MATIC)が
Polygonに変更となっただけ
(スマホでは左右にスクロールできます)

 

前提として、OpenSea(NFTの売買所)は"イーサリアムブロックチェーン(通称:イーサリアム)"という『土地』の上に建っているイメージです。

 

この土地の上には、OpenSea以外の建物も次々と建てられ(需要拡大)、下記2つの問題を抱えています。

  • ガス代(土地利用料)の高騰
  • 混雑(取引速度の遅延)

 

イーサリアムのいい部分は残しつつ、問題点を補おうと開発されたのがPolygonです。

 

NFT君
イメージとしては、『ディズニーランドの後に、ディズニーシーがでてきた』感じ。

 

ランドもシーも同じ敷地内にありますが、区分けされてますよね。ザックリそんなイメージです!
編集長

 

イーサリアムとPolygonは何が違う?

上記を踏まえ、イーサリアムとPolygonの違いを下記にまとめます。

イーサリアム Polygon
土地内使用
可能通貨
OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方ETH OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方Polygon(ETH)
通貨入手難易度 低い 高い
出品・購入時
のガス代
高い 安い
(出品時は無料)
取引速度 遅い 速い
利用者数 多い 少ない
OpenSea内の
アイテム数
多い 少ない
オークション
出品
可能 不可能
円への交換 可能 不可能
動作の安定性 高い 低い
(スマホでは左右にスクロールできます)

 

要するに、Polygonはイーサリアムの問題点を解決したとはいえ、通貨の入手が難しいなどの問題点もあるのです。

 

NFT君
「安いから」だけでPolygonを選ばず、総合的に判断する必要があります!

 

個人的には、初心者の状態でPolygonを理解するのは難しいと感じたため、ETHでNFTデビューしました。
編集長

 

OpenSeaでPolygonNFTを購入する方法

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaでPolygonNFTを購入する方法は、大きく分けて下記3STEPです。

1.MetaMaskにPolygonネットワークを追加

2.Polygonを入手する

3.OpenSeaで購入手続きを進める

順番に解説していきます!

 

MetaMaskにPolygonネットワークを追加

まだMetaMaskのアカウントがない方は、以下記事から作成しましょう。

 

>>【簡単】メタマスクとは?登録・使い方・入金送金の手順!

 

アカウント作成後、以下の手順で進めていきましょう。

 

「イーサリアムメインネット」をクリック。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

続いて、「ネットワークの追加」をクリック。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

 

各項目を、下記の通りに入力して下さい。

ネットワーク名 Polygon Pos(MATIC)Mainnet
新規RPC URL https://polygon-rpc.com/
チェーンID 137
通貨記号 MATIC
ブロックエクスプローラー
のURL
https://polygonscan.com/
引用元:Polygon公式
(スマホでは左右にスクロールできます)

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

追加されていることを確認し、完了です!

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

【最も簡単に!安く!】Polygonを入手する

続いて、『JPYC』へアクセスし、以下の手順でPolygonの入手作業を進めましょう。

>>JPYC公式サイトはこちら

 

MetaMaskへ『JPYCトークン』を追加

まず、MetaMaskへ『JPYCトークン』を追加しましょう。

 

JPYC公式サイトの下部に移動し、『MATICコントラクトアドレス』のキツネマークをクリックします。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

「トークンの追加」をクリック。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

 

『JPYC』が追加されていれば完了です。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

JPYCを購入すると、期間限定で0.1MATICプレゼントされます。

後述しますが、この0.1MATICは神の恵みです( ;∀;)

 

JPYCを購入する

そもそもJPYCとは、『1JPYC=1円』で取引される、仮想通貨のようなもの。(日本円に連動した"ステーブルコイン"といいます)

 

JPYCを購入し、一手間加えるとPolygonが手に入るのです。

 

文章だけでは分かりづらいので、手を進めていきましょう!

 

JPYC公式サイトから、画像の手順通りに進めて下さい。

>>JPYC公式サイトはこちら

 

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

MetaMaskへのJPYC着金を確認する

続いて、以下の着金完了メールがきたら、MetaMaskへのJPYC着金を確認しましょう。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

ぼくは元々、31.9MATICもっていたので計32MATICになっています。
編集長

 

JPYCをPolygonへ交換する

最後、JPYCをPolygonへ交換(スワップ)します。

 

交換方法は色々ありますが、操作が簡単な『QUICKSWAP』を使って進めていきますね。

>>QUICKSWAP公式サイトはこちら

 

QUICKSWAPへアクセスしましょう。

続いて、「Connect to a wallet」⇒「次へ」をクリックしてMetaMaskと接続します。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

以下画像の通り、それぞれ入力します。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

「確認」をクリック。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

「Swap」⇒「Confirm Swap」の順にクリックしましょう。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

ガス代を確認し、「確認」をクリック。

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

JPYCからETHにスワップ完了していることを確認し、完了です!

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

 

NFT君
JPYC社からの0.1MATICは、本当に助かりますね。。

 

これで準備マンタン!PolygonNFTを購入できますよ!
編集長

 

OpenSeaで購入手続きを進める

無事、Polygonを入手できたらあとは購入手続きを進めるだけです。

 

以下記事の、『固定価格でNFTを買う手順』をご参照下さい!

 

NFT君
Polygonでは、オークションに参加したりオファーをだせず、買い方が限られます。

 

>>OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!超入門編

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ10選!

 

OpenSeaでPolygonNFTを出品する方法

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

PolygonNFTの出品は、以下記事を参考にすれば簡単に進められます。(使用するブロックチェーンで、「Polygon」を選択して下さい)

 

>>図解!NFTの出品方法・売り方|OpenSea(オープンシー)

 

Polygonで出品する場合、厳密には取引所の口座開設やETHの送金は不要です。

しかし、Polygonの売上を日本円へ交換する際にETHが必須なため、事前に行っておくと安心ですよ。

 

NFT君
できる限り、リスクヘッジを心がけましょう!

 

OpenSeaでPolygonNFTを購入・出品する際の注意点

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

PolygonNFTを購入・出品する際の注意点は下記2つ。

  • イーサリアムNFTに比べて不便
  • 一歩間違えればPolygonが消え去る

それぞれ解説していきます!

 

イーサリアムNFTに比べて不便

ぶっちゃけ、イーサリアムNFTに比べて不便な部分は多いです。

 

例えば下記2つ。

OpenSeaの操作中やNFT売買時、よく動作が不安定になる

Polygonは、国内仮想通貨取引所で買えない

 

特に、ETHのようにコインチェックやbitFlyerなどでサクッと買えないのが非常にネックです。

 

本記事で紹介したJPYCによるPolygonの入手でも、面倒に感じた方が多いはず。
編集長

 

また、今後日本にも広がるであろうTwitter六角形アイコンもイーサリアムNFTのみ対応など、イーサリアムの方が様々な分野で活用されています。

 

【重要】一歩間違えればPolygonが消え去る

例えば、ぼくがPolygonETHOpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイドでNFTを出品し売れたとします。

 

で、売れたPolygonETHを日本円に変えようと、国内取引所(コインチェックなど)や海外取引所(Binanceなど)に送ると消え去ります。

 

冗談抜きで、『一歩間違えたら資産が消え去る』("セルフGOX"といいます)可能性があるんです、、
編集長

 

意味わからないと思いますが、『PolygonETHは直接日本円にできない』と覚えておいて下さい。

 

NFT君
ややこしいのですが、PolygonETHを日本円にするためには、ETHへ交換してから日本円にする必要があります。

 

まとめ

OpenSeaのPolygonNFT出品・購入ガイド

本記事の要点を、下記に整理します。

  • polygonはガス代(手数料)が安く、取引速度が速い
  • しかし、通貨の入手難易度が高い、動作の安定性など問題も多い
  • 扱いやすいのは、イーサリアム(ETH)
  • 2022年2月時点、Polygonを最も簡単に安く入手できるのは『JPYC』
  • PolygonETHの"セルフGOX"には要注意

 

以上から、資金的に余裕のある方は、イーサリアム(ETH)でのNFT購入・出品をおすすめします。

 

また、初心者の方もイーサリアム(ETH)から始めた方が安心かもしれません。

 

>>OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!超入門編

 

>>図解!NFTの出品方法・売り方|OpenSea(オープンシー)

  • この記事を書いた人

編集長YU

銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFT30体以上保有 | 金融商品販売額10億超 | 証券外務員1種保有