【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

Brave(ブレイブ)ブラウザって最近話題になってるけど、危険性・安全性は大丈夫なの?不安で一歩踏み出せないな…

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

Braveの危険性・安全性に関する

大学の研究結果

Firefoxとの比較

W3Cへの参加

上場関連企業からの比較調査

サポートチームからの回答

Brave運営からの情報まとめ

 

今回は、使っているだけで仮想通貨が貯まるBraveブラウザの、『危険性・安全性』について解説します。

Braveの使用によりBATが貯まっている証拠画像

 

結論からいうと、「高い安全性を兼ね備えたブラウザ」です。

 

その根拠は、Brave運営チーム以外の第三者機関からも、安全性を示す研究結果が発表されているから。

 

「メリットが多くても、危険なブラウザは使いたくないな…」と不安に思いますよね。

 

なので今回は、『Brave運営サイドの情報』・『第三者からの評価』に分けて、危険性の低さを解説していきます。

 

本記事を読むと、Braveブラウザへの不安が消え、安心して『ネットサーフィンで稼ぐ新体験』ができるようになりますよ!

 

【Braveを使って稼ぐためのご案内】

稼いだ仮想通貨BATの保管には、ビットフライヤーの口座が必要です。

仮想通貨BATを稼ぐ為に必要な、ビットフライヤーの詳細

口座さえあれば、毎月自動でBATが入金されていきます。(入金・購入は不要)

先に無料で作ってから、記事を読み進めてくださいませ!

\無料10分・スマホでもかんたん/

ビットフライヤーで口座開設する

Braveブラウザの危険性・安全性:大学の研究結果

【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

まずは、ダブリン大学トリニティ・カレッジ(アイルランド国内でトップ)で行われた比較調査です。

 

調査の中には、下記のような記載があります。

人気Webブラウザを比較した調査で、ChromeやFirefox,Safariなどのなかで最も安全だと結論づけられたのはBrave Browserだった。

COINPOSTのBraveブラウザに対する安全性

引用元:COINPOST

 

大学からの研究発表は、信頼性が高いですよね。

 

さらに、王者「Google Chrome」や「Microsoft Edge」など主要ブラウザとの比較結果なので、安心もできます。

 

よりくわしく知りたい方は、調査の原文(英語)をご参照ください。

 

>>【期待大】Braveブラウザで貯まる仮想通貨BATとは?使い道も解説

 

Braveブラウザの危険性・安全性:「Firefox」との比較

【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

人気ブラウザの1つ『Firefox』公式からも、Braveについて比較調査が行われています。

 

要約すると、下記の通りです。

  1. Braveのエンジン(プログラム)は、大手(Google、Microsoft、Vivaldi)と同じ
  2. FirefoxもBraveも、高度なプライバシーとセキュリティを提供
  3. Braveは高速で安全なブラウザ

 

また、Firefox公式サイト中のチェックリストでは、Braveの機能性が優れていることが確認できます。

 

競合他社もおすすめするBraveは、安心できるといえるでしょう。

 

>>【辛口あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの評判・本音レビュー

 

Braveブラウザの危険性・安全性:「W3C」への参加

【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

Braveは、Webの長期的成長を確保するための国際コミュニティW3C(World Wide Web Consortium)』に参加しています。

 

Amazon社やアリババ社、国のデジタル庁なども参加しており、力を合わせてWebの発展に注力していますね。

 

加入するのにも申請・審査があり、悪事を働くことは難しい状況になります。

Braveブラウザの危険性・安全性:「W3C」への参加

引用元:W3C公式

 

世界中の機関とつながっていると、問題が起きても助け合えるでしょうし、そのまま逃亡する可能性も考えにくいですよね。

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

Braveブラウザの危険性・安全性:上場関連企業の比較調査

 

Braveブラウザは、角川アスキー研究所の調査により、『最も素早いブラウザ』とされています。

 

調査した会社は、東証プライムに上場する、KADOKAWAグループ(書籍の出版で有名)の子会社です。

 

担当窓口まで設置していることから、この調査結果は信頼できそうですね。

 

このような第三者機関の調査は、危険性・安全性を確かめる上で1つのポイントになります。

 

>>【必見】Brave(ブレイブ)ブラウザのデメリット・メリットまとめ

 

Braveブラウザの危険性・安全性:公式サポートからの回答

Braveブラウザの危険性・安全性:公式サポートからの回答

 

補足ですが、Brave公式サポートへ危険性・安全性について質問したところ、下記の回答がありました。

 

例えば、Braveが開発で使用しているプログラムコードに関して、オープンソースソフトウェアとして誰もが閲覧できるようにしています。

(https://github.com/brave/)

そのため、Braveに何か不審なプログラムが混入されたとしても、第三者機関が常に監視できるようになっています。

 

つまり、ブラウザの中身をオープンにし、第三者機関の監視体制をとっているということ。

 

公的機関での研究や強力な監視体制など、セキュリティ対策は強力ですね。
編集長

 

>>【どこの国?】Brave(ブレイブ)ブラウザは中国と関係ある?

 

Braveブラウザの危険性・安全性:Brave運営からの情報

【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

ここまでは、第三者からの「危険性・安全性」に関する評価をまとめてきました。

 

ここからはBraveの運営側が公表している情報を6つに分けて、それぞれみていきましょう!

 

運営会社・創設者について

運営会社は、アメリカの『Brave Software』社で、CEOはブレンダン・アイク氏。

Brave運営会社

引用元:Brave公式

 

このブレンダン・アイク氏は、超有名なプログラミング言語『JavaScript』の生みの親といわれています。

 

さらに、前述の有名ブラウザ『Firefox』の共同創立者としても有名です。

 

上記の実績を誇るCEOふくめ経営陣はすべて顔出ししており、透明性が高いといえます。

 

>>【運営へ聞いた】Braveブラウザが違法ではない5つの理由

 

「Google Chrome」との比較

Braveは「Google Chrome」と比較して、以下3つの項目で優れているんです。

Braveとクロムの比較

引用元:Brave公式

 

さらに公式サイトでは、Brave特有の『広告ブロック機能』により、下記のメリットがあると記載しています。

 

Braveは、処理のボリュームを問わず、Google Chromeよりもコンピュータのパフォーマンスへの負荷が低くなります。

 

負荷が減るということは、PC自体に不良を起こす可能性が減るかもしれませんね。

 

また、safariとBraveブラウザの表示速度比較ですが、Braveブラウザの圧勝です。

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

ビジネスモデルにも問題なし

Braveの目玉機能『広告ブロック・仮想通貨BATの獲得』どちらも、ビジネスモデルに問題はありません。

 

補足的な根拠として、Brave運営チームへ法律面について質問した結果を掲載します。

BraveVPNの詳細

引用元:Brave公式

 

要約すると、他のデバイス同様、不正をせず通常使用するのであれば全く問題なしです。

 

くわしく知りたい方は、『Braveブラウザの広告収入の仕組み・稼ぎ方まとめ』をどうぞ!

 

拡張機能も追加可能

当然ですが、拡張機能を用いてセキュリティレベルを高めることも可能。

 

しかも、Braveブラウザには下記のような拡張機能が標準搭載されています。

拡張機能一覧 拡張機能の説明
① 拡張機能のGoogleログインを
許可する
拡張機能利用時、Googleアカウントでの
ログインを許可
② Hangouts Googleハングアウトの利用設定
③ Media Router Chromecastに接続した端末への
コンテンツ送信設定
④ Unstoppable Domainsを
解決する方法
ブロックチェーンドメイン
アクセスした際の接続設定
⑤ イーサリアムネームサービスを
解決する方法
ENSドメインアクセス時の接続設定
⑥ WebTorrent Torrentファイルの転送・再生設定
⑦ Widevine オンライン上で動画等コンテンツの
転送・再生設定
⑧ 拡張機能を管理 Braveで利用している拡張機能の
確認・削除設定
⑨ キーボードショートカット キーボードショートカット設定
⑩ 拡張機能をさらに取得 Googleウェブストアへの接続
【スマホでは左右にスクロールできます】

 

セキュリティに不安のある方は、『Braveブラウザに拡張機能を導入・移動する方法』をどうぞ!

 

オープンソースである

以下の通り、Braveはプログラミングコードがオープンになっています。

Braveのオープンソース情報

引用元:Brave公式

 

そのため、運営側がコードを悪用する可能性は低いといえますね。

 

とはいえ、オープンソースの代表格ともいえる「WordPress」のように、ハッカーに狙われる可能性もあります。

 

ウイルスソフトの導入など、セキュリティ対策はしっかり行っておきましょう!

 

その他Braveブラウザに疑問がある方は、『よくあるQ&A』をご参照ください。

 

>>【保存版】Brave(ブレイブ)ブラウザの問題点7つ・対処法

 

ユーザー数5,000万人突破(2021年末時点)

Braveのユーザー数は5年連続で2倍以上増加していて、2021年末には5,000万人を突破しました。

Braveユーザー数伸び

引用元:Brave公式

 

加えて、2021年5月には、日本の大手仮想通貨取引所『ビットフライヤー』と業務提携。

 

これにより、ビットフライヤーの無料口座を持っているだけで、Braveを使うと貯まる「仮想通貨BAT」が保管できるように。

 

口座をもっているだけでOK(仮想通貨の購入も不要)なので、無料で作っておきましょう!

\無料10分・スマホでもかんたん/

ビットフライヤーで口座開設する

 

>>【最新版】Brave(ブレイブ)ブラウザBATの貯め方・稼ぎ方

 

【補足1】仮想通貨BATを保有する危険性はないです

Yahoo!知恵袋を見ていると、「仮想通貨BATを持っていることで危険性はないですか?」という質問がありました。

 

結論、まったく危険性はありません。

 

Braveを使っていると自動で貯まっていくので、あなたが自らBATを購入するワケではないです。

 

BATはBraveの独自通貨なので、今後ユーザーが増えるにつれて、価値が上がっていく可能性もあります。

 

どうせなら今すぐBraveに切り替えて、仮想通貨BATをザクザク貯めた方がお得ですよ!

Braveの使用によりBATが貯まっている証拠画像

 

拡張機能やブックマークの移行も、数クリックでサクッとできます!
編集長

 

>>【期待大】Braveブラウザで貯まる仮想通貨BATとは?使い道も解説

 

【補足2】独自の有料VPNサービスで安全性を高められます

BraveVPNの詳細

引用元:Brave公式

 

Braveブラウザには、有料のVPNサービス機能が搭載されています。

 

VPN(Virtual Private Network)とは、安全な仮想プライベートネットワークのことです。

 

これを使うことで、データ通信を暗号化できるなど、オンライン上のリスクを排除できます。

 

フリーWi-Fiを頻繁に利用する方やBraveの安全性が心配な方は、利用を検討されるといいですよ。

 

ただし、実際使ってみた感じだと、BraveVPNではなく業界大手のVPNサービスがおすすめです。

 

>>【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビュー完全版

 

Braveブラウザの危険性・安全性:問題なしの可能性大!

【比較あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

繰り返しですが、Braveブラウザは「高い安全性を考えて設計されたブラウザ」です。

 

大学などの第三者機関からも優れた研究結果が出ていて、競合他社(Firefox)からも素晴らしい性能を評価されています。

 

利用は完全無料で、現ブラウザからの移行作業も数クリックですごく簡単です。

 

使っているだけで仮想通貨がザクザク貯まっていき、ページ表示も高速なので1度変えたら後戻りできませんよ!

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

>>【辛口あり】Brave(ブレイブ)ブラウザの評判・本音レビュー

 

>>【最新版】Brave(ブレイブ)ブラウザBATの貯め方・稼ぎ方

 

>>【期待大】Braveブラウザで貯まる仮想通貨BATとは?使い道も解説

 

>>【必見】Brave(ブレイブ)ブラウザのデメリット・メリットまとめ

 

>>【手順】BraveブラウザのYouTube広告ブロック・バックグラウンド再生

 

>>【どこの国?】Brave(ブレイブ)ブラウザは中国と関係ある?

 

>>【最新版】Braveブラウザの広告収入の仕組み・稼ぎ方まとめ

 

>>【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビュー完全版

 

【Braveを使って稼ぐためのご案内】

稼いだ仮想通貨BATの保管には、ビットフライヤーの口座が必要です。

仮想通貨BATを稼ぐ為に必要な、ビットフライヤーの詳細

口座さえあれば、毎月自動でBATが入金されていきます。(入金・購入は不要)

\無料10分・スマホでもかんたん/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤー口座開設手順

bitFlyer
  • この記事を書いた人

新時代3.0編集部

編集長YUの経歴:銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFTコレクター | 金融商品販売額10億超の実績あり | 証券外務員1種保有 ※当サイトでの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。