【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビュー完全版

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

・VPNに興味があるけど、BraveVPNってどうなの?

・実際のレビューや使い方など、わかりやすく教えて…

こんなお悩みを解決します!

 

本記事の内容

そもそもBraveVPNとは?

実際に使ってみた感想

BraveVPNの登録・契約方法

BraveVPNの使い方

 

今回は、話題のBraveブラウザが展開する、『BraveVPN』についてレビューします。

 

先に結論をいうと、良質なVPNを探している方にはおすすめしません。

 

なぜなら、下記のような見過ごせないレベルのデメリットがあるから。

  1. 料金プランが高め
  2. PCに対応していない
  3. サーバーが少なく通信が不安定

 

VPNを契約するなら、ぼくが愛用中の大手『NordVPN』がダンゼンおすすめです。

 

BraveVPNの契約を検討されていた方は、時間をムダにしないためにも、まずは以下記事をどうぞ。

 

>>【愛用者が語る】NordVPNの6つの魅力・使い方!

 

本記事を読むと、BraveVPNがあなたにとって必要なサービスなのか、ハッキリと判断できますよ!

 

ちなみに、Braveブラウザ自体は無料で稼げる最高のブラウザです。
編集長

Braveの使用によりBATが貯まっている証拠画像

 

【Braveを使って稼ぐためのご案内】

稼いだ仮想通貨BATの保管には、ビットフライヤーの口座が必要です。

仮想通貨BATを稼ぐ為に必要な、ビットフライヤーの詳細

口座さえあれば、毎月自動でBATが入金されていきます。(入金・購入は不要)

先に無料で作ってから、記事を読み進めてくださいませ!

\無料10分・スマホでかんたん/

ビットフライヤーで口座開設する

Brave(ブレイブ)VPNとは?

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

BraveVPNとは、Braveブラウザに搭載されていて、課金すると使えるVPNサービスのこと。

 

VPN(Virtual Private Network)とは、安全な仮想プライベートネットワークのことです。

 

専用の回線を作り、データ通信を暗号化することで、安心・安全なネット環境を作ります。

 

また、セキュリティツールを提供する、『Gurdian Firewall社』と提携しているのも特徴です。

 

BraveVPNを使ってみたレビュー(メリット・デメリット)

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

実際に、ぼくがBraveVPNを使ってみて感じたことをレビューします。

 

これからBraveVPNの利用を考えているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

使って感じたデメリット

実際に使ってみて感じたBraveのデメリットは、下記の3つ。

  1. 料金プランが高め
  2. PCに対応していない
  3. サーバーが少なく通信が不安定

それぞれ解説しますね!

 

料金プランが高め

 

BraveVPNは、料金プランが高めです。

 

他の大手VPNと比べてみると、下記の通り。

1ヵ月 1年 2年
BraveVPN 1,080円 10,800円
(900円/月)
なし
NordVPN 1,550円 8,700円
580円/月
12,960円
480円/月
ExpressVPN 12.95ドル
(約1,725円)
6.67ドル
(約888円/月)
なし
【スマホでは左右にスクロールできます】

 

1ヵ月単位で見れば、大手VPNよりも安価です。

 

しかし、長期でお得なプランを用意している他社に対し高めの価格設定ですね。

 

くわしくは後述しますが、スペックが明らかに劣っているため、正直コスパが悪いです。

 

今後のアップデートに期待ですね…!
編集長

 

PCに対応していない

 

BraveVPNは、PCに未対応なのも大きなデメリット。

 

せっかくVPNを契約するなら、仕事やプライベート用のPCも安全に使いたいですよね。

 

しかし、BraveVPNを利用できるのは、現状iOS・Androidのみ。

BraveVPNの対応デバイスについて

引用元:Brave公式

 

せっかく最大5台まで連携できるなら、PCでも使いたいところです。

 

ちなみに、ぼくがおすすめする『NordVPN』なら最大6台で使え、PCにも対応していますよ。

\30日間返金保証つき(お試しOK)/

NordVPN公式サイトをみる

 

サーバーが少なく通信が不安定

 

BraveVPNはサーバー数が少なく、通信が不安定になりやすいのもデメリット。

 

サーバーは全部で14台と、大手と比べても圧倒的な少なさです。

BraveVPN 14台
NordVPN 5,408台
ExpressVPN 3,000台以上

 

サーバーが少ないと、1台あたりにアクセスが集中しやすいので、通信速度が遅延しやすいんですよね。

 

実際に、BraveVPNで動画配信サービスを利用しましたが、スムーズに再生できませんでした…

 

使って感じたメリット

BraveVPNの利用で感じたメリットを3つ、順番にみていきましょう。

  1. Braveブラウザで仮想通貨を稼げる
  2. 7日間の無料トライアルがある
  3. Firewallの機能もついている

 

Braveブラウザで仮想通貨を稼げる

 

BraveVPNは、Braveブラウザ内に搭載されている機能なので、使っているうちに仮想通貨が貯まります。

BraveVPNがBraveブラウザ内にある証拠画像

 

日本円や他の仮想通貨にも換えられるので、思わぬお小遣いになりますよ。

Braveの使用によりBATが貯まっている証拠画像

 

BraveVPNは正直おすすめできませんが、Braveブラウザは非常におすすめです。

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

>>【最新版】Brave(ブレイブ)ブラウザBATの貯め方・稼ぎ方

 

7日間の無料トライアルがある

 

BraveVPNには、7日間の無料トライアルがあるのもメリットです。

BraveVPNの無料トライアル

 

実際に無料で使ってみた上で、契約するか判断できるのは大きいですね。

 

返金保証がついたVPNもありますが、無料トライアルに対応したVPNはそう多くありません!

 

仮に合わなければ、1分ほどでサクッと解除できますよ。

 

Firewallの機能もついている

 

BraveVPNでは、Firewall機能がついているのもメリットですね。

 

Firewallとはかんたんに言うと、デバイスとネットの間にバリアを張り、セキュリティを強化する機能です。

 

第三者による不正アクセスやウイルスなど、外からのリスクから自身のデバイスを守れます。

 

VPN&Firewallの二重の仕組みにより、高いセキュリティ下でネットが使えますよ!

 

結論:VPNとしてはおすすめしません

メリット・デメリットをご紹介した上での結論ですが、やはりBraveVPNはおすすめしません。

 

なぜなら、他社とコスパ・機能面を比較しても、圧倒的に劣っているから。

 

特に、下記3つのデメリットは見過ごせません…。

  1. 料金プランが高め
  2. PCに対応していない
  3. サーバーが少なく通信が不安定

 

実際に使ってみた実感を踏まえても、大手の『NordVPN』がおすすめです。

 

NordVPNのおすすめポイントは、下記の通り。

  1. 安価な料金プラン
  2. セキュリティソフト並み機能つき
  3. 登録から使用までがかんたん
  4. 5,000を超える圧倒的なサーバー数
  5. 30日間の返金保証に対応

 

NordVPNのくわしい内容は、以下の記事をご参照ください!

 

>>【愛用者が語る】NordVPNの6つの魅力・使い方!

 

BraveVPNの登録・契約方法

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

BraveVPNを登録・契約する手順は、下記の4STEPです。

  1. Braveブラウザをインストール
  2. BraveVPNをオンにする
  3. 契約するプランを選択する
  4. VPNプロファイルのインストール

ここでは、iPhoneで登録の手順を解説します。

 

Androidの方も基本的な手順は同じなので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

STEP1:Braveブラウザをインストール

まずは、Braveアプリを以下からダウンロードしましょう。

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ

Brave Software無料posted withアプリーチ

 

アプリダウンロード後、アプリを開いてインストールを進めてください。

 

くわしいインストール手順は、以下の記事で解説しています!

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

STEP2:BraveVPNをオンにする

Braveブラウザを開き、①〜②の手順でVPNをオンにする。

STEP2:BraveVPNをオンにする

 

SSTEP3:契約するプランを選択する

契約するプランをタップして、iTunesアカウントから支払いを済ませます。

STEP3:契約するプランを選択する

 

STEP4:VPNプロファイルのインストール

契約プランの選択から引き続き、作業を進めていきましょう。

 

①〜③の手順で作業を進める。

STEP4:VPNプロファイルのインストール

 

以上で、BraveVPN利用の準備完了です!

 

BraveVPNの使い方・設定方法

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

BraveVPNの使い方は、下記の2SETPです。

  1. BraveVPNを有効にする
  2. 接続する国を選択する

 

STEP1:BraveVPNを有効にする

設定から、VPNをオンにする。

BraveVPNを有効にする

 

スマホ画面の右上に、VPNマークが表示されるのを確認してくださいね。

 

STEP2:接続する国を選択する

Braveブラウザの「設定」→「Braveファイアーウォール+VPN」の順にタップ。

STEP2:接続する国を選択する

 

初期設定での接続先は、「日本」になっています。

 

仮に接続する国を変更したい場合は、設定画面から変更を進められますよ。

 

「ロケーションを変更する」から、接続したい国をタップ。

STEP2:接続する国を選択する

 

再度「Braveファイアーウォール+VPN」から、設定が反映されたかを確認しましょう。

STEP2:接続する国を選択する

 

BraveVPNについてよくあるQ&A

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

BraveVPNについてよくある質問は、下記の6つ。

  1. 利用料は仮想通貨BATで払える?
  2. 対応しているデバイスは?
  3. どんな料金プランがあるの?
  4. 対応している動画配信サービスは?
  5. おすすめのVPNは正直どこ?
  6. Braveブラウザの始め方は?

それぞれ解説しますね!

 

利用料は仮想通貨BATで払える?

BraveVPNでは、仮想通貨BATでの支払いに対応していません。

 

アプリストアでの現金決済のみなので、注意してくださいね。

 

しかし公式によると、ゆくゆくはBATでの利用料支払いに対応予定とのこと。

 

今後のことも考慮して、今のうちに仮想通貨BATを貯めておくのがおすすめです。

 

仮想通貨BATについては、以下の記事をご参照ください!

 

>>【期待大】Braveブラウザで貯まる仮想通貨BATとは?使い道も解説

 

>>【最新版】Brave(ブレイブ)ブラウザBATの貯め方・稼ぎ方

 

対応しているデバイスは?

繰り返しになりますが、現状はiPhone・Androidのみです。

 

アプリストアからBraveブラウザをダウンロードして、上記の手順で接続を進めてくださいね。

 

どんな料金プランがあるの?

BraveVPNの料金プランは、以下の通りです。

1ヵ月プラン 1年プラン
1,080円/月 10,800円
(900円/月)

どんな料金プランがあるの?

 

年払いで契約すると、お得に利用できますよ。

 

対応している動画配信サービスは?

実際にVPNを接続して利用できたのは、下記の動画配信サービスのみです。

  • GYAO!
  • TVer

 

NetflixやAmazonプライムなど、大手動画配信サービスのほとんどは未対応ですね。

 

また、サーバー数が少ないため通信が遅く、動画再生の遅延が発生してしまいました…

 

快適な動画視聴を目的としているなら、他のVPNを検討するべきでしょう。

 

おすすめのVPNは正直どこ?

繰り返しになりますが、NordVPNを利用するのがおすすめです。

 

通信速度は業界でもトップクラスで、大半の動画配信サービスに対応しています。

 

専用アプリが日本語対応なのはもちろんのこと、24時間対応のサポートも日本語で受けられますよ。

 

30日間の返金保証に対応しているので、これからVPNを利用する方でも安心です。

 

NordVPNについてくわしく知りたい方は、『NordVPN公式サイト』をご参照ください!

 

>>【愛用者が語る】NordVPNの6つの魅力・使い方!

 

Braveブラウザの始め方は?

Braveブラウザの始め方は、かんたん3STEPです。

  1. Braveをインストール
  2. 初期設定
  3. ビットフライヤーと連携

 

以下記事では、初心者の方向けに全手順画像つきで解説しています!

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

仮想通貨BATを貯めるには、ビットフライヤーの口座が必要なので、先に申請だけしておきましょう!

 

\無料10分・スマホでもかんたん/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤー口座開設手順

 

口座開設のくわしい手順は、『【PC・スマホ】口座開設5STEP』をどうぞ。

 

Brave(ブレイブ)VPNのまとめ

【使ってみた】BraveVPNとは?使い方・レビューのまとめ

BraveVPNは、ブラウザ上から手軽に利用できるVPNです。

 

登録から使い方もかんたんで、セキュリティ対策もバッチリ!

 

しかし、料金プランの高さやサーバー数の少なさを踏まえると、ぶっちゃけおすすめしません。

 

仮にこれからVPNを始めようと考えているなら、業界大手のNordVPNがおすすめです!

 

コスパ抜群かつ通信速度も業界最速なので、迷ったらNordVPNを選ぶのがおすすめですよ。

 

>>【愛用者が語る】NordVPNの6つの魅力・使い方!

 

>>【完全版】Brave(ブレイブ)ブラウザアプリの使い方・やり方

 

>>【最新版】Brave(ブレイブ)ブラウザBATの貯め方・稼ぎ方

 

>>【期待大】Braveブラウザで貯まる仮想通貨BATとは?使い道も解説

 

【Braveを使って稼ぐためのご案内】

稼いだ仮想通貨BATの保管には、ビットフライヤーの口座が必要です。

仮想通貨BATを稼ぐ為に必要な、ビットフライヤーの詳細

口座さえあれば、毎月自動でBATが入金されていきます。(入金・購入は不要)

\無料10分・スマホでかんたん/

ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤー口座開設手順

bitFlyer
  • この記事を書いた人

新時代3.0編集部

編集長YUの経歴:銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFTコレクター | 金融商品販売額10億超の実績あり | 証券外務員1種保有 ※当サイトでの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。