NFT

【最新】バイナンスNFTとは?使い方・買い方・エアドロップまとめ

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

Binance(バイナンス)でNFTを買うのってどうなの?メリット・デメリット、使い方までくわしく知りたいな…

こんな数々のお悩みを解決します!

 

本記事の内容

Binance(バイナンス)NFTとは?

メリット・デメリット

NFTの買い方・出品方法

エアドロップについて

よくあるQ&A

 

今回は、世界最大の仮想通貨取引所『Binance』が運営するNFT売買所についてまとめます。

 

先にお伝えしておくと、バイナンスNFTは下記のような方におすすめです。

  • 既にバイナンスの口座がありNFTを試し買いしたい
  • 手数料の安さを最も重要視している

 

メリット・デメリット含めて、知識0の方でも理解できるよう、くわしく解説していきます。

 

本記事を読むと、『そもそもバイナンスNFTを使うべきなのか』判断でき、使い方をマスターできますよ!

Binance(バイナンス)NFTとは?メリット・デメリットも

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

バイナンスNFTとは、世界最大の仮想通貨取引所『Binance』が運営するNFT売買所のこと。

 

SNSアイコンにできるNFTアート作品やNFTゲーム用のアイテムなど、様々な作品を取り扱っています。

 

執筆時点でNFTの購入に使える仮想通貨は、『BNB』・『ETH』・『BUSD』の3つ。

 

そんなバイナンスNFTについて深くお伝えするために、メリット・デメリットを解説していきます!

 

まずは、2つのデメリットをそれぞれ解説しますね。

  • NFTを出品するのに条件がある
  • 有名コレクションがほぼない

 

バイナンスNFTのデメリット

 

NFTを出品するのに条件がある

バイナンスNFTで出品するには、下記2つの条件を満たす必要があります。

 

22/9/11時点の情報

  1. 本人確認の完了
  2. フォロワー2人以上

 

本人確認はすぐ終わりますが、フォロワー2人以上の獲得は面倒に感じる方が多いはず。

バイナンスNFTの出品条件

 

実際ぼくはかなり前からバイナンスを使っていますが、フォロワーは0人です…。
編集長

 

「すぐにNFTを出品したい…」という方は、世界最大のNFT売買所『OpenSea』で出品しましょう。

 

>>【OpenSea】NFTの作り方・始め方

 

有名コレクションがほぼない

続いて、有名コレクションがほぼ無いのも大きなデメリットです。

 

なぜ無いかというと、利用者が少ないから。

 

バイナンスは「取引所」として世界最大でも、NFT売買所としては『OpenSea』が圧倒的に最大なんです。

 

実際バイナンスNFTは、消費者庁のNFT売買所の具体例としても挙がっていませんでした。

OpenSeaの人気がわかる資料

引用元:消費者庁

 

NFTの売買なら、やはりOpenSeaがおすすめですよ。

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

バイナンスNFTのメリット

バイナンスのメリットを2つ、順番にみていきましょう!

  • 手数料が安い
  • バイナンスのアカウントがあれば使える

 

手数料(ガス代)が安い

大きなメリットは、手数料の安さです。

 

バイナンスNFTの構造上、他のNFT売買所よりガス代(=手数料)を安くできます。

 

たとえばOpenSeaでNFTを出品する際、約1.5万円ほどかかりますが、バイナンスNFTでは数十円ほど。

 

「とにかく手数料安く始めたい!」という方には、バイナンスNFTがおすすめです!

 

バイナンスのアカウントがあれば使える

バイナンスの口座(アカウント)があれば、すぐに使えるのもメリットです。

 

ただし作品を販売したい時は、本人確認の完了・フォロワー2名以上の獲得を終わらせてくださいね。

 

…と、正直バイナンスNFTを使うメリットは、上記の2つしかないです。

 

「NFTで利益を出したい!」「イケてるNFTを買いたい!」とお考えの方は、以下記事をどうぞ!

 

ぼくはOpenSeaでNFTを転売し、500倍のリターンを得ましたよ。
編集長

 

>>【必見の稼ぎ方】NFT転売のやり方6STEP!爆益の実例も

 

Binance(バイナンス)NFTの使い方:NFTの買い方

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

バイナンスNFTでのNFTの買い方は、下記3STEP。

  1. バイナンスNFTへアクセス
  2. 欲しいNFT作品を選ぶ
  3. NFTを購入する

順番にみていきましょう!

 

買い方1:バイナンスNFTへアクセス

前提として、バイナンスNFTを使うには無料口座開設が必要です。

 

口座開設がまだの方は、先にサクッと5分で作業しましょう!

 

>>【無料】バイナンスで口座開設する

バイナンスの口座開設手順

 

口座開設ができたら、以下のように進めましょう!
編集長

 

バイナンスへアクセス。

 

トップページから「NFT」をクリック。

バイナンスNFTの使い方:NFTの買い方手順

 

買い方2:欲しいNFT作品を選ぶ

検索などでコレクションを探す。

バイナンスNFTの使い方:NFTの買い方手順

 

欲しい個体をクリック。

バイナンスNFTの使い方:NFTの買い方手順

 

買い方3:NFTを購入する

「今すぐ購入」⇒ガス代を支払い完了です!

バイナンスNFTの使い方:NFTの買い方手順

 

Binance(バイナンス)NFTの使い方:NFTの出品方法

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

繰り返しですが、出品(NFTを作成)する前に、下記の条件を満たしましょう。

  1. 本人確認の完了
  2. フォロワー2人以上

 

満たせたら、『Binance公式NFTの出品方法』をご参照ください。(動画つきです)

binanceのNFT出品方法

 

出品完了には審査が必要で、審査には約1週間ほどかかるようです。

 

すぐにNFTを出品したい方は、OpenSeaで進めてくださいね。

 

>>図解!NFTの出品方法・売り方|OpenSea(オープンシー)

 

バイナンスNFTでエアドロップはある?【BABTに期待】

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

バイナンスNFTは直接関係ないのですが、2022/9/8から本人確認済のアカウントに対して「BABT」の配布が始まりました。

BABTの実物

 

このBABTをもらっておくと、以下のようにエアドロップなどが期待できそうです。

バイナンスからのエアドロップ情報

引用元:Binance公式

 

>>BABTに関してよくあるQ&A

 

>>BABTをもっと知りたい方向け

 

BABTを持っておくメリット・受け取り方法などは、以下動画が参考になります。

 

必要なのはBABTを発行する際にかかる、『1ドルのみ』なので、バイナンスNFTの使用可否に関わらずもらっておきましょう!

 

>>【無料】バイナンスで口座開設する

バイナンスの口座開設手順

 

Binance(バイナンス)NFTを使う際によくあるQ&A

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

バイナンスNFTに関してよくあるQ&Aを2つ、順番に解説していきます!

  • NFTを始めるならどこで買うべき?
  • おすすめのNFTコレクションは?

 

NFTを始めるならどこで買うべき?

下記2つに該当しない方は、絶対的にOpenSeaをおすすめします。

  • 既にバイナンスの口座がありNFTを試し買いしたい
  • 手数料の安さを最も重要視している

 

理由は、利用者数・売買額ともに、OpenSeaの方が格段に多いから。

 

手軽に始めたい方は、バイナンスNFTで始めるのもありです!
編集長

 

>>【無料】バイナンスで口座開設する

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

おすすめのNFTコレクションは?

ぶっちゃけ、バイナンスNFTとOpenSeaでは上位のおすすめできる知名度や流通量などが違いすぎます。

OpenSeaの人気NFT

引用元:OpenSea

バイナンスNFTの人気NFT

引用元:バイナンスNFT

 

なので、本記事ではOpenSeaで売買されている、国内発のNFTプロジェクトをご紹介します。

 

予算別にご紹介しているので、ぜひ気軽にご覧ください。

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ15選!

 

まとめ:Binance(バイナンス)NFTにピッタリの人は?

【最新】Binance(バイナンス)NFTとは?使い方・買い方まとめ

繰り返しですが、バイナンスNFTをおすすめする方は下記の通り。

  • 既にバイナンスの口座がありNFTを試し買いしたい
  • 手数料の安さを最も重要視している

 

NFTを始める理由は、「利益を出したい」・「先端技術に触れたい」・「コミュニティを楽しみたい」などだと思います。

 

上記のようにお考えの方は、世界最大のNFT売買所『OpenSea』で始められるのがおすすめです。

 

仮にバイナンスNFTでNFTを始められない方も、無料口座開設だけして、BABTをもらっておくと今後いいことがあるかもしれません。

 

こちらをクリックして、『バイナンスNFTでのエアドロップ』に戻る!

 

>>【必読】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方・日本語化

 

>>【予算別】日本人によるNFTアート作品おすすめ15選!

 

>>【必見の稼ぎ方】NFT転売のやり方6STEP!爆益の実例も

  • この記事を書いた人

編集長YU

銀行員⇒メーカー営業マン | 日本発のNFTコレクションを応援 | NFT30体以上保有 | 金融商品販売額10億超 | 証券外務員1種保有